アーセナルがマドリーのヴィニシウスJr.に興味。等

まとめ

アーセナルがヴィニシウスJr.に興味

「Daily Star」によると、アーセナルがレアル・マドリード所属のブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールとの契約に関心があるとのこと。

 

アーセナルは来月、ヴィニシウス・ジュニオールのローンの動きを検討してるといいます。しかし、これまで同様に追跡していたイスコに関しての興味はほぼ消滅したようです。

 

アルテタ監督は、マンチェスター・シティとのカップ戦で1‐4で敗れた後、次にプレミアリーグの監督で誰が解任されるのかというブックメーカーのオッズで最も人気になりました。

 

しかし、アーセナルは彼にもっと時間を与えたいと思っており、すでに来月の移籍計画について話し合っているといいます。

 

現在のアーセナルは8試合で5敗と、ゴールの欠如が最大の問題となっており、前線の助けを必要としています。

 

ヴィニシウスの代理人とは、エメリ監督時代から良好な関係を築いており、現在20歳のヴィニシウスは、最前線のどこでもプレー可能で、今シーズン3得点3アシストを記録しています。

 

レアル・マドリード側も、彼を貸し出すことにオープンだといい、2018年に約3800万ポンドで契約したヴィニシウスに満足いっていないそう。

 

またアーセナルは、来月イスコを借りる可能性も模索していましたが、イスコ自身はチャンピオンズリーグに参加したいと考えているそうで、獲得は困難とみられ、報道ではユベントスに加入する予定とのこと。

(Daily Star)

 

リバプールもグリーリッシュに興味

モハメド・サラーの将来が不透明なリバプールは、ジャック・グリーリッシュ獲得に動く可能性があるといいます。

 

「Mirror Sport」によれば、リバプールが1月の移籍市場で25歳のプレイメイカーのために資金を準備していると主張しています。

 

グリーリッシュは、昨シーズンのチーム内で最多得点選手であり、最多アシストも記録しています。彼がいなければ、クラブが降格していたことは周知の事実でしょう。

 

グリーリッシュは今シーズンも波にのっており、これまでの12試合で5得点7アシストを記録し、プレミアリーグ屈指のアタッカーとして活躍しています。

 

とくに10月に行われたアストン・ヴィラ対リバプール戦では7‐2で大勝し、グリーリッシュ自身も5ゴール(2ゴール3アシスト)に直接貢献しています。

 

一方でサラーは、今シーズンのプレミアリーグで13得点3アシストを記録していますが、同郷の選手からチームでアンハッピーであることを暴露されるなど、将来が不透明であり、レアル・マドリードやバルセロナが注目しています。

(Paisley Gates)

イガロはどこへ?

「Allnigeriasoccer.com」は、2019年のアフリカネイションズカップの最多得点者であるオディオン・イガロが来月末にマンチェスター・ユナイテッドから去る可能性が高いことを理解しているといいます。

 

イガロは契約が終了するまで6週間を切っているにも関わらず、クラブといまだ新契約を結ぶことができていません。つまり、彼は来月に親クラブである上海申花に戻るだろうとのこと。

 

彼はユナイテッドでの最初の5か月間では、スールシャール監督に積極的に起用されており、2021年1月31日までの契約延長も結びましたが、クラブが夏の移籍市場でフリーエージェントのエディンソン・カバーニと契約したことで、一気に序列を落としています。

 

全22試合の内、彼は4試合しか関与しておらず、今シーズンは主にカップ戦要員だったにもかかわらずエバートンとのカラバオカップ準々決勝の試合では、メンバーからも除外されています。

(All Nigeria Soccer)

 

サリバがアーセナルで続けるたった1つの条件

ウィリアム・サリバは、2019年に2700万ポンドでアーセナルと契約を結び、サンテティエンヌへのローンの後、正式にクラブに加入しましたが、アルテタ監督からの信頼をつかむことができず、今シーズンはトップチームとしての出場がありません。

 

このままだと、1月のローン移籍が濃厚となっていますが、この決定を覆すことができるたった1つの条件があるとのこと。

 

それはアルテタ監督が解任された場合だといいます。

 

サリバとアーセナルを「failed marriage(失敗した結婚)」と表現し、「イギリスへの冒険は混乱に変わっている」と述べたレキップ紙によると、サリバがエミレーツ・スタジアムで続ける唯一の方法はアルテタ監督の解任だといいます。

 

しかし、現在プレミアリーグの降格ゾーンから4ポイント上に位置しているアーセナルですが、今のところアルテタ監督の去就に影響は出ていないようです。

 

アルテタ監督はクラブオーナーのKSEから全面的な支援を受けており、長期計画では多くの選手を放出するだろうとのこと。

 

なので、オーナーのクロエンケの気持ちが変わらない限りサリバは、1月にローンでの移籍が濃厚とされています。

(Football.London)

タイトルとURLをコピーしました