【アーセナル移籍噂まとめ】ゴメス、ビスマ、エジル

まとめ

最新のアーセナル移籍の噂とゴシップ。バレンシアのスター、マキシ・ゴメスの値下げ取引、レアル・マドリーのイヴ・ビスマへの関心、メスト・エジルとの会談を行うフェネルバフチェなど。

マキシ・ゴメスが格安で獲得可能

バレンシアのストライカーであるマキシ・ゴメスは、クラブが財政難のため、来月バーゲン価格で獲得できる可能性があるとのこと。

 

バレンシアは夏に8人の主力選手を売りました。そしてマーシー会長はクラブの財政問題から1月にも多くの放出があることを認めています。

2つの困難な年が我々を待っており、選手の追加放出があるだろう。

と、「Mirror」を通して、スペインの「AS」に語っています。

 

恐らく売却されるのは、契約に1億2500万ポンドのリリース条項があるゴメスである可能性があります。報告では、ウルグアイ人がアーセナルのリストに載っているといい、彼は今シーズン12試合で4得点を記録しています。

 

レアル・マドリーがビスマレースに参加

レアル・マドリーが、ブライトンのスターであるイヴ・ビスマと契約するためにレースに参加したと伝えられています。イヴ・ビスマの今シーズンの印象的なスタートは、アーセナルやリバプール等も興味を示しているといわれています。

 

24歳のビスマは、今シーズンのプレミアリーグの3試合を除いた全部で90分のフル出場をしています。

 

ブライトンは2018年にビスマにサインしましたが、グレアム・ポッター監督は来月彼を失うことを心配していないと言います。

(グレアム・ポッター)

私は選手を失うことを心配したことがない。

上位のチームに選手を放出することを心配している場合、クラブは選手を売ることが正しいと考えているので、それはうまくやった結果。

それについて心配する必要はない。これもサッカーの一部であり、多くは憶測やナンセンスなもの。どこかに真実もあるが、私は何も心配していない。

と「Express」に語っています。

 

フェネルバフチェがエジル会談を開催

トルコの「Takvim」は、フェネルバフチェがロックダウン以来アーセナルに出場しておらず、契約最終年にあるメスト・エジルの1月の動きについて話し合ったと報告しています。

 

レポートは、フェネルバフチェのスポーツディレクターであるエムレ・ベロゾール氏が先週ロンドンにて、エジルにサインするために満たす必要のある条件について話し合ったと述べています。

 

エジルはアーセナルで除外されており、3月以来プレーしていません。

 

1月に早く退団することができますが、エジルは契約が満了する来年の夏までクラブに留まるだろうとされています。元ドイツ代表MFは、1月から他クラブと正式に条件について話し合うことができます。

(Football.London)

タイトルとURLをコピーしました