まじ?シティのイ・ガンイン獲得説が浮上。等

アーセナル

まじ?マン・シティのイ・ガンイン獲得説が浮上

「La Raon」によると、マンチェスター・シティは、フェラン・トーレスと契約したわずか3か月後にバレンシアの別の選手にサインするために進んでいる可能性があるとのこと。

 

マンチェスター・シティは、クラブを去る準備ができていると思われる10代MFのイ・ガンインとの契約を検討しているクラブの1つと報告されています。

 

現在19歳の彼は、バレンシアアカデミー出身の選手で2019年にトップチームに加わっています。契約は2022年の夏に切れますが、今のところ彼はクラブと契約延長する意図がないといいます。

 

バレンシアは、夏にフェラン・トーレスを2080万ポンドでシティに売り、今では非常に人気のある韓国人のためにオファーを喜んで聞いているといわれています。

 

フェラン・トーレスは8月にシティに加わり、15回の出場、11回のレギュラー、6回のゴールと素晴らしいスタートを切っています。また、スペイン代表ではドイツ代表を相手にハットトリックも記録しています。

 

イ・ガンインは、今シーズンこれまでに9回の出場で3つのアシストを記録しています。

(Sports Illustrated)

 

マンチェスターU:トラオレの1月加入が決定!

夏にマンチェスター・ユナイテッドはアタランタと冬の移籍市場でアマド・トラオレに署名する契約に合意しました。

 

Fabrizio Romano氏による最新情報では、若者は締め切りに間に合い、パスポートを受け取った後、最終的に1月にオールド・トラフォードへ移動することが決定したといいます。

この投稿をInstagramで見る

AMAD 🇨🇮(@amaddiallo79)がシェアした投稿

 

有名なイタリアのジャーナリストは、アマド・トラオレが来月レッドデビルズに4000万ユーロ(€25m+€15mのadd)で加わることを明らかにしました。

 

18歳の少年は、昨シーズンのユースリーグで主に右ウイングとして出場しており、16試合で11得点を決めて、トップチームに昇格していました。

 

アマド・トラオレは昨シーズン、ウディネーゼ戦でトップチームデビューを飾り、そのまま初ゴールも決めています。

(Fabrizio Romano)

 

リバプールが40億のMF獲得を検討か

リバプールは、ジョルジニオ・ワイナルドゥムの将来について考えています。オランダ代表MFは、来年の夏に契約を失い、来月に移籍について自由に交渉ができるようになります。

 

彼は、クロップ監督の主要メンバーの1人であり、新契約を結ぶに値する人物です。しかし、レッズが彼に留まるよう説得できなかった場合、彼らは代わりの選手を連れてこなければなりません。

 

「ESPN」によると、マージーサイドのクラブは、ワイナルドゥムの代わりとして、ビスマの獲得を検討しているとのこと。

 

「ESPN」によれば、リバプールはマリ代表を注意深く監視しており、その費用は約3000万ポンドになる可能性があります。

 

有名なメディア「Opta」の統計では、ビスマとワイナルドゥムのプレースタイルが似ており、チームに合うだろうと述べています。

 

2023年までの契約を結んでいるビスマは、守備的および中央の中盤の役割を効果的に果たすことができ、今シーズンは12試合の出場で1得点を記録しています。

 

問題は、リバプールが彼を獲得する必要があるかどうか。

ワイナルドゥムの他にもクラブには、ヘンダーソン、ファビーニョ、ケイタ、カーティス・ジョーンズ、ミルナー、チェンバレン、ティアゴなどの選手がおり、他にもリール所属のレナト・サンチェスにも興味を示しています。

(Paisley Gates)

 

アーセナルもビスマに興味。代理人が発言

イヴ・ビスマの代理人であるMichael NCho氏は、アーセナルによるビスマへの関心は本物であると主張しています。

 

1月の移籍市場の前にMichael NCho氏が、イヴ・ビスマに対してアーセナル、リバプール、マンチェスター・ユナイテッドから大きな関心があることを認めています。イングランド以外では、モナコや2つのリーガチームも興味を示しているとのこと。

 

「TalkSPORT」のAlex Crook氏も最近、ミケル・アルテタ監督がブライトンMFのイヴ・ビスマを気に入っていると主張しています。

 

ビスマは守備的なMFなので、クリエイティブなMFを強く求めているアーセナルにとって重要なターゲットではありませんが、長期的なプランで考えて、トーマス・パーティの相棒として獲得を検討しているのだとか。

(dailycannon.com)

 

なぜ?ワトフォードがイビッチを解任

ワトフォードが、ヘッドコーチのヴラディミル・イビッチを解任しました。クラブは現在チャンピオンシップ(2部)で5位につけており、2位に4ポイント差です。

 

イビッチは、プレミアリーグから降格した後の8月からワトフォードの監督を担当し、今シーズンこれまでの20試合では9勝7分4敗という成績でした。また、11月の試合では3勝2分という成績で月間最優秀監督賞も獲得しています。

 

しかし、土曜日のハダースフィールド戦で0-2で敗れた後、クラブの経営陣はイビッチの解任を決定しました。

(クラブのWebサイト)

ワトフォードFCは、ヴラディミル・イビッチ監督の辞任を確認しました。イビッチのコーチングスタッフもヴィカレイジ・ロードを離れます。

ホーネッツ(クラブの愛称)は今シーズンのイビッチと彼のスタッフの努力に感謝し、別の地での将来の成功を祈っています。

 

ワトフォードの次の試合は、1位のノリッジ・シティで、1月9日にはFAカップの3回戦としてマンチェスター・ユナイテッドと対戦します。

タイトルとURLをコピーしました