アウアーが1月の移籍市場についてコメント。等

まとめ

アウアー1月の移籍市場についてコメント

フランスメディアの「Footmercato」によると、アーセナルのターゲットであるフセム・アウアーは、移籍市場を見ておらず、可能な限り最高のシーズンを過ごしようとしていると語っています。

 

ガナーズは夏の移籍市場でリヨンのMFとの契約に近づきましたが、移籍金で合意することができませんでした。しかし、クラブは来月の移籍市場が開いた際に再アタックする予定です。

 

ノース・ロンドン側は、クリエイティブなMFを切実に必要としており、このポジションがクラブの最優先事項であると考えられています。

 

1月の移籍期間についてアウアーは、こう述べています。

正直なところ、僕は移籍市場を見ていないんだ。僕はここにいて、進歩しようとしてる。

明日何が起こるかは分からないが、僕はここにいる。チームを最大限に活用することにとても意欲的だよ。

 

フランス代表のコメントは、来月の移籍に関心がないことを示しているようで、本音ならばガナーズに打撃を与えるでしょう。また、リヨンのトップであるオラスに、彼の最高の選手の1人をシーズンの途中で去らせるよう説得するのは難しいことです。

 

アウアーは、ここ数週間のアーセナルへの移籍に関連している選手の1人です。その他にはインテルのエリクセンやノリッジ・シティのブエンディアも監視しているといわれています。

(Gooner Talk)

リバプールがヌーノ・メンデスとリンク?

スポルティングCPに所属する18歳DFヌーノ・メンデスは、長い間リバプールとリンクしており、最新のレポートは興味深いです。

 

このヤングスターは、夏の移籍市場でターゲットとされていた少年でしたが、スポルティングが新契約を結んだことで、彼を保持しています。

 

今月初めにO Jogo氏は、プレミアリーグのチャンピオンがメンデスのオファーをした最初のチームであることを明らかにしましたが、拒否されています。

 

左サイドバックのメンデスには、現在4年以上の契約があり、4500万ユーロのリリース条項があります。

 

メンデスは現在、クラブの重要なメンバーの1人であり、定期的にプリメイラリーガに出場しています。チームも9試合で7勝2分でトップに立っています。

 

「Correio da Manha」が取り上げた最近のレポートによれば、リバプールはメンデスに引き続き関心があるとのこと。

 

有名なポルトガルのニュースは、したがって、彼の移籍金が安くならないように、別の新しい契約に合意しようとしていると述べています。

(Paisley Gates)

ジンチェンコはどこへ?

マンチェスター・シティは、1月に左サイドバックのオレクサンドル・ジンチェンコのオファーを聞く準備ができているが、「90min」のレポートによると、まだクラブは彼を強制的に追い出すことに躊躇しているとのこと。

 

ウクライナ代表は、過去2シーズンの間少し役立ってきましたが、ベンジャミン・メンディとジョアン・カンセロは、彼よりも左サイドバックのポジションとして好まれています。

 

レポートでは、ジンチェンコはグアルディオラ監督からクラブにとどまり、自分の場所のために戦うことを歓迎するといわれましたが、彼はこれまでよりもはるかに序列を下げているとのこと。

 

選手自身は、多くのクラブからオファーを聞いているといわれており、ウルブス、レスター、サウサンプトン、ウェストハムが興味を示しています。ちょうど2年前にはウルブスからのオファーを拒否し、18/19シーズンのタイトル獲得に大きく貢献しました。

 

しかし、イングランド以外にも「90min」によると、ロシア、イタリア、スペイン、ドイツのクラブも彼に対して、クラブに連絡を入れたと述べています。

(Sports Illustrated)

メスト・エジルの最新状況

エジルは6月に契約が満了するとアーセナルを離れる予定であり、自身の移籍の選択肢が不足していないようですが、早期終了の考えは彼の心から遠く離れているようです。

 

メスト・エジルの代理人は、エジルが世界中のクラブからオファーを持っていることを明らかにしましたが、アーセナルでの彼の契約の最後の6ヶ月を控えるつもりです。

 

この32歳MFの選手は、ガナーズのボス、ミケル・アルテタによってチームから除外されていますが、彼が再びリコールされる予定はないといいます。

 

エジルは、契約が6月までなので、来月となる1月から他クラブとの事前契約交渉を開始することができます。

 

しかし、ドイツのErkut Sogut氏によると、フェネルバフチェとの交渉をすでに行っているにもかかわらず、シーズンが終わる前にエジルが先に進む可能性はほとんどないだろうと語っています。

メストは、アーセナルと残り6ヶ月の契約が存在する。確かに彼はフットボールを失った。

彼は現在、アーセナルのシャツを再び着るために一生懸命働いているし、彼は働き続ける。

フェネルバフチェに関する我々の状況を明確に述べたいと思う。

「Yes」だ。フェネルバフチェとのミーティングがあった。クラブの最も権威のある人々と1対1の会話をしたよ。

しかし、公式の移籍交渉については、1月まで連絡を取ることはできない。メストに対するオファーは世界中から受け取った。

現在、メストは何も変わっていない。恐らくこのままの状況で、メストはアーセナルでシーズンを終えるようだ。

 

エジルは、アーセナルでの8年間の滞在を最高の状態で終えることを望んでいますが、アルテタ監督のプランに戻るのは難しくなっています。

 

実際、アーセナルは1月にクリエイティブなMFの契約を検討しているようで、これにより、エジルのガナーズでのキャリアの最後の釘が打たれようとしています。

(Mirror)

ラッシュフォードに新契約準備

マンチェスター・ユナイテッドのストライカー、マーカス・ラッシュフォードは今シーズンすでに12得点を決めており、彼は有利な新契約によって報われる予定です。

 

マーカス・ラッシュフォードは、新年に有利な新しいマンチェスター・ユナイテッドの契約を結ぶ予定です。

 

23歳の彼は2023年まで契約を結んでおり、さらに1年間のオプションが付いていますが、ユナイテッドは来年の夏のユーロの前にラッシュフォードを新しい長期契約に結び付けたいと考えています。

 

木曜日のシェフィールド・ユナイテッド戦での3対2の勝利での2ゴールは素晴らしいパフォーマンスであり、レアル・マドリーやバルセロナ、パリ・サンジェルマンを含むヨーロッパのトップクラブの注目を集めました。

 

ユナイテッドは、ラッシュフォードがユーロで活躍すると、現在の週給20万ポンドの需要がさらに高まることを知っています。そのため、それまでに契約延長を提供する準備ができています。

 

クラブは、スールシャール監督の継続的な再建をサポートするために、すべての主要選手を長期契約にしたいと考えています。プレイメイカーのブルーノ・フェルナンデスもスポルティングから到着して1年も経たないですが、より改善された取引が提供される予定です。

 

ラッシュフォードは、2016年2月にユナイテッドデビューを果たして以来、未知の18歳として、レッズの234試合で79得点を記録し、急上昇を遂げています。

 

また、イギリスのすべての脆弱な子供たちに無料の学校給食の提供を拡大するよう政府に働きかけた後、彼の世界的な知名度が急上昇しました。

 

ラッシュフォードのキャンペーンは、彼に世界的な賞賛とMBEを獲得しています。

(The Mirror)

タイトルとURLをコピーしました