アーセナル移籍噂まとめ:ヴィエイラ、イスコ、アウアー、サリバ等

まとめ

アーセナルは水曜日の夜に行われたサウサンプトンとの一戦で引き分けました。

 

同試合の引き分けで、4試合連続で続いていたホームでの敗北をストップし、オーバメヤンにも久々となる今シーズン3点目が生まれました。しかし、後半半ばにガブリエウ・マガリャンイスが退場となったため、簡単な試合ではなく、チームへの自信の欠如がはっきりとわかりました。

 

ミケル・アルテタ監督は依然としてプレッシャーにさらされており、テーブルのトップにいる他のチームと比較した場合、チームの才能不足は深刻です。

 

1月の移籍市場が迫っており、アーセナルは改善必至となっています。これらすべてを念頭に置いて、ここに最新のアーセナル移籍の噂まとめがあります。それではどうぞ。

ポルトのヴィエイラのための1月の動き

アーセナルは、ポルトの20歳MFファビオ・ヴィエイラの移籍を検討していると伝えられています。

 

ポルトガルの新星は、昨シーズン終盤にポルトのトップチームに昇格し、それ以来今シーズンは12試合の出場を果たしています。

 

そんな彼にアーセナルが監視しており、来月彼の2700万ポンドというリリース条項を行使するかどうかを検討していると報告しています。

 

一方、ポルトはヴィエイラに新契約を提供する準備ができていると報告されていますが、リーグ1のマルセイユも密接に手続きを追っているといわれています。

 

アルテタはアウアーとイスコを希望

最近の報告によると、アーセナルのボスであるアルテタは、フセム・アウアーとイスコにアーセナルの中盤を揺るがすように頼んだとのこと。

 

アーセナルはシーズンを通して、中盤での鋭さと創造性に欠けていました。テクニカルディレクターのエドゥは最近、これがチームの現在の最大のニーズであることは明らかであるとファンのフォーラムに語りました。

 

そして今、「TEAMTalk」を介した「Defensa Central」によると、アルテタ監督はアウアーとイスコを彼の中盤の問題に対する理想的な解決策として特定しましたが、アーセナルは来月1つしか余裕がないといいます。

 

アーセナルは夏にアウアーへの入札を拒否し、リヨンのスターをさらに追及する可能性がありました。一方、イスコはレアル・マドリーで支持を失いましたが、彼の高額な賃金がネックとみなされています。

キャンベル:サリバを維持すべき

元アーセナルのストライカー、ケビン・キャンベルは「Football Insider」に夏にローン移籍が出来なかったために、19歳の選手がプレーできなかったにも関わらず、クラブはウィリアム・サリバを維持すべきだと語っています。

 

2019年にアーセナルと契約したサリバは、サンテティエンヌでの1年間のローンの後、クラブに戻り、トップチームを目指して戦うことが期待されていました。

 

しかし、アルテタ監督は彼をプレミアリーグのサッカーの準備ができていないと判断し、除外しています。

 

そのため、1月にローン移籍が濃厚とされているサリバですが、キャンベルはこれはほとんど意味がないと言います。

(ケビン・キャンベル)

どうやらサリバは、トレーニングで大きな進歩を遂げたようだ。

ムスタフィはシーズンの終わりに去る予定だ。ムスタフィが得ている分を彼に与えてみないか?

私にとってローン移籍は意味が無いと思う。アルテタは、サリバをローンで送るのではなく、これから開催されるヨーロッパリーグとFAカップの試合でサリバを起用すべきだと思う。

(football.london)

 

公式:RBライプツィヒがソボスライを獲得

ドイツのRBライプツィヒが、アーセナルやレアル・マドリーも興味を示していたザルツブルク所属の20歳MFドミニク・ソボスライの獲得を発表しました。

 

背番号は17番で、2025年までの5年契約を結んでいます。

 

ソボスライも自身のSNSで、「The New Chapter」と喜びを表現しています。

 

アーセナルはテクニカルディレクターのエドゥが、チームには中盤に創造性を備えた選手が必要であることを発言していましたが、今回のこの移籍によって、ソボスライがガナーズに加わる可能性は消滅しました。

 

ソボスライは、ザルツブルクの選手として、82試合に出場し、26得点34アシストを記録。今シーズンもここまでで21試合に出場して、9得点10アシストを記録していました。

タイトルとURLをコピーしました