ヘルタBSCからアーセナル加入予定の18歳はU23カテゴリー濃厚か

アーセナル

現在18歳のオマル・レキクは、1月にアーセナルに加入する予定でトップチームでトレーニングするようになると言われています。

 

 

アーセナルは1月にヘルタベルリンから、オマル・レキクとの契約に合意したと「football london」が主張しています。

 

現在の18歳の彼は、夏の移籍期限日に正式に加入する予定でしたが、ウィリアム・サリバのサンテティエンヌへのローン移籍が破断したことがきっかけで、取引は間に合わなかったといいます。

 

オランダU18代表とチュニジアU23代表を経験しているレキクは、アーセナルアカデミーの監督であるメルテザッカーからトップチームで定期的にトレーニングを受けることが保証されているといいます。

 

アーセナルはレキクをそのままブンデスリーガのクラブに貸し出し、成長させる考えもあるといいますが、今の段階では特に具体的な話はないといいます。

 

レキクは、左サイドのセンターバックプレイヤーで、ヨーロッパ中のクラブからオファーを受けている逸材です。彼の兄であるカリムもプロフットボーラーで先月ヘルタベルリンからヨーロッパリーグチャンピオンのセビージャに加入しています。

 

レキクに対する契約は、現在U23アーセナルのセンターバック選手の経験が不足していることが主な理由だといわれています。

タイトルとURLをコピーしました