リュディガー獲得を目指すバルサがムスタフィにも興味

アーセナル

FCバルセロナが、シュコドラン・ムスラフィのサプライズ契約を計画しているとの情報。

 

 

現在アーセナルに所属しているムスタフィは、クラブとの契約延長に合意しておらず、冬に安い金額で獲得することができます。そのため、リーズナブルなDFを探しているというバルセロナが1月の移籍期間で獲得を準備しているといいます。

 

バルセロナは現在CBの選手が、ジェラール・ピケ、クレマン・ラングレ、アラウーホ、ウムティティと枚数的には足りていますが、アラウーホはまだ経験が浅く、ウムティティも売却濃厚なので、新たなサブDFを探しています。

 

バルセロナは他にも、チェルシーで不遇の時を過ごしているアントニオ・リュディガーにも興味を示していますが、ランパード監督と話し合い納得したという同選手はこれから出番が増えると予想され、獲得は困難と見られています。

 

RMC Sportによると、バルセロナはリュディガーが獲得できなかった場合のセカンドオプションとしてムスタフィの獲得を目論んでおり、1月の移籍市場が開き次第、入札を開始する準備ができていると伝えられています。

(Express)

 

ムスタフィに対する反応(Twitter)

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました