リヨンのゼネラルマネージャー:続く財政難でアウアー放出間近?

アーセナル

フランス・リヨンのゼネラルマネージャーであるヴィンセント・ポンソット氏は、夏の移籍市場でフセム・アウアーについてアーセナルが行った取り組みを詳しく説明しています。

 

 

皆さんご存知の通り、アーセナルは今夏フランス代表MFのフセム・アウアーを巡って、ユベントスなどと争っていました。

 

しかしアーセナルは、デッドラインデイにアトレティコ・マドリーからトーマス・パーティを獲得し、アウアーに対する取引は結局成立しませんでした。

 

パーティとの契約は非常に優れた取引ではありますが、アルテタ監督の中盤の最重要ターゲットはアウアーだったといわれています。

 

ポンソット氏は、それが事実であることを明確にしており、将来的にも取引が起こる可能性を示唆しているといいます。

 

(ポンソット氏)

彼(アウアー)には3つのビッグクラブが興味を示していた。その内の1クラブがアーセナルで彼らのオファーは市場価格を下回っていた。

我々は「No」と言った。優先事項はチームを維持すること。

 

しかし、コロナの影響で続く財政難がそのまま続くなら、クラブは1月に売りに出すことも示唆しているといいます。

 

フランスも他国同様、無観客試合が多く続いたため、財政的に苦しんでおり、さらにテレビの放映権を巡っては深刻な問題があるといいます。

 

したがって、アウアーのような今が旬な選手を売却することは解決策の1つになり、そのことについてポンソット氏が示唆したことで議論を呼んでるといいます。

 

経済状況は壊滅的で、我々は大きな影響を受けていたので、価格を多少下げて譲渡することができたが、今は売らないことを決定した。

と最後に占めています。

(Sport Witness)

 

タイトルとURLをコピーしました