アウアー争奪戦にPSGとユベントスも参戦!有利なのは…?

スポンサーリンク
アーセナル

現在リヨン所属のMFフセム・アウアーを巡って、アーセナルは引き続き契約に熱心だといいますが、パリサンジェルマンとユベントスもどうやら彼の獲得に本腰を入れるようです。

 

 

特にイタリアの王者ビアンコネリは次の夏での獲得に自信を持っているといい、フェデリコ・キエーザのようになるだろうと報じられています。

 

フェデリコ・キエーザは昨シーズンの夏にユベントスが約70億円でオファーをかけましたが、フィオレンティーナ側が応じず破談。

しかし、今夏に再びオファーをかけたことで本人の希望もあり取引が成立し、ユベントスに加わっています。

 

現在22歳のアウアーは、今夏の移籍市場でも最後の数週間はずっとユベントスのターゲットでしたが、結局オラスとジュニーニョの説得でクラブに残留。

 

しかし、彼はおそらくリヨンの選手として最後のシーズンになるだろうといわれており、そこでユベントスがラムジーの代わりとしてベストだと考えているようです。

 

さらにユベントスはクラブの会長を務めているアニェッリとリヨンの会長オラスの間に非常に良好な関係があるのがこの交渉で有利に働くであろうと考えており、ますますアーセナルにとっては厳しい立場になってきましたが、彼の行方はどうなるのでしょうか。。

 

アウアーは昨シーズン公式戦で9得点10アシストをマークし、クラブのCLベスト4にも大きく貢献。

今シーズンも6試合に出場しており、直近のモナコ戦では1得点1アシストをマークして勝利に貢献しています。

 

レスター戦後のアウアーに対するTwitter反応

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました