プレミア通算100得点を決めたヴァーディの最も得意としたクラブは?

スポンサーリンク
まとめ

昨シーズンとなる19/20シーズンにプレミアリーグ通算100得点を達成し、今シーズンも合わせると計110得点を記録しているレスター・シティ所属のジェイミー・ヴァーディ。

 

昨シーズンは自身初となる得点王にも輝いています!

 

そんな彼が、これまでに最も点を決めたクラブTOP5を紹介します。

 

ジェイミー・ヴァーディが最も点を決めたクラブTOP5!

5位:エバートン ‐ 6得点

第5位はエバートンで6得点を決めています。

 

エバートン相手には、17/18シーズンから3シーズン連続で得点を決めていますので、今シーズンも4年連続となるゴールを奪うのか注目です。

 

 

5位:ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン – 6得点

もう1クラブ同じ6得点で得意としているのが、WBAことウェストブロムウィッチアルビオンです。

 

すでに今シーズンも対戦した際、2得点を決めており、WBAキラーっぷりを発揮しています。

 

 

3位:ボーンマス - 7得点

3位は7得点をたたき出したボーンマス。

 

2部リーグ時代を合わせると計8得点をマークしているボーンマスには、昨シーズンも2試合で3得点を決める得意っぷりを披露し、今シーズンからは相手チームの降格でこの対戦カードがみれないのが残念です。。

 

 

3位:リバプール ‐ 7得点

同じく7得点を決めて得意としているクラブは、まさかの強豪リバプール。

 

しかもこの得点は全部15/16シーズンから17/18シーズンまでの3シーズンで決めた得点です。

 

特に15/16シーズンのゴラッソは、覚えている方も多いのではないでしょうか。

岡崎慎司選手もチラリと映っています。

 

 

2位:マンチェスター・シティ ‐ 8得点

2位が、今シーズンハットトリックも達成したマンチェスター・シティで8得点決めています。

 

実はヴァーディ、プレミアリーグで達成したハットトリックはこれまで3回という中で、2回がマンチェスター・シティ相手に達成しています。

なんというBIG6キラーといった感じでしょうか。。

 

 

1位:アーセナル ‐ 10得点

ヴァーディが最も点を決めて得意としている相手クラブはアーセナルで10得点をマークしています。

 

現在は3シーズン連続で、ガナーズ相手にHome&Awayのトータル2試合で複数得点を達成しているので、今シーズンも彼のアーセナル戦は注目です!

 

そして最後に、気づかれた方も多いと思いますが、ヴァーディはBIG6を得意としていることが分かりますね。

先ほども掲載したように、今シーズンもマン・シティ相手にハットトリックを達成するなどキラーっぷりを発揮しています。

 

ですので、必然的にジェイミー・ヴァーディvsBIG6クラブの戦いは注目してみるといいのかもしれません。

 

今回は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。