プレミアリーグにコロナは関係ない⁉今年の夏も移籍補強額がえぐかった

スポンサーリンク
20/21シーズン移籍情報

今年の夏の補強は、コロナの影響であまり盛んに行われませんでした。

 

ドイツの「transfermarkt」が発表したヨーロッパの過去5年間の夏の移籍補強額はこのようになっています。

この投稿をInstagramで見る

The “Covid-19” effect…😩 —————————————————————— #transfers #psg #neymar #mbappe #juventus #cristianoronaldo #cr7

Transfermarkt(@transfermarkt_official)がシェアした投稿 –

 

見ても分かるように過去4年はずっと右肩上がりだったグラフも今年は極端に減っています。

 

例年なら、この夏に1人くらいはビッグネームを獲得するクラブもほぼ全クラブが放出メインで息をひそめました。

 

 

しかし、イングリッシュプレミアリーグは例年通りのようで、今年の夏も1000億円を超える€1.38bnを費やしています。

 

この数字は前年度の€1.56bnとたいして変わらない数字で、€1bnを超える補強額はプレミアリーグのみとなりました。

 

そこで今回は、特にその中でも大金を費やしたクラブTOP5を紹介します。

20/21夏プレミアリーグ移籍補強額最多クラブTOP5!

5位:アーセナル / €86m

主な加入選手:トーマス・パーティ、ガブリエウ・マガリャンイス、パブロ・マリ(完全移籍)

 

 

4位:トッテナム / €98.4m

主な加入選手:ガレス・ベイル、ジオバニ・ロ・チェルソ(完全移籍)、セルヒオ・レギロン、マット・ドハティー、ピエール=エミール・ホイビュア

 

 

3位:リーズ・ユナイテッド / €106.78m

主な加入選手:ロドリゴ・モレノ、ディエゴ・ジョレンテ、ラフィーニャ、エルデル・コスタ、ロビン・コッホ

 

 

2位:マンチェスターシティ / €163.3m

この投稿をInstagramで見る

I’m here! @mancity 🦈💙

Rúben Gato Dias(@rubendias)がシェアした投稿 –

主な加入選手:ルベン・ディアス、ナタン・アケ、フェラン・トーレス

 

 

1位:チェルシー / €247.2m

この投稿をInstagramで見る

thank you @fikayotomori – 29 🔵⚪️

Kai Havertz 💥⚽️✌🏼(@kaihavertz29)がシェアした投稿 –

主な加入選手:カイ・ハヴァーツ、ティモ・ヴェルナー、ベン・チルウェル、ハキム・ツィエク、エドゥアルド・メンディ