チャンピオンシップから加入の20/21夏プレミア注目選手7人を解説

スポンサーリンク
EFLチャンピオンシップ

今回は、イングリッシュプレミアリーグ2部に該当するチャンピオンシップから加入の20/21夏プレミアリーグ注目選手7人を軽い解説とともに紹介します。

20/21夏のプレミアリーグ注目選手7人!

エベレチ・エゼ

この投稿をInstagramで見る

@cpfc Let’s Go 🤝❤️

Ebere Eze(@ebere_10)がシェアした投稿 –

この夏QPRからクリスタル・パレスに1600万ポンドで加入したMFの選手。

 

中盤の位置から緩急あるドリブルで相手DFを切り裂き、昨シーズンは14ゴール8アシストをマーク。

 

得点もアシストもできる選手として得点が少ないクラブを活性化させることができるのか注目したいところ。

 

 

アーロン・ラムスデイル

この投稿をInstagramで見る

Looking forward to this new chapter and coming home. Can’t wait to have all the bladesmen behind us. Once a blade…… #youfillupmysenses

Aaron Ramsdale(@aaronramsdale)がシェアした投稿 –

降格したボーンマスから1800万ポンドでシェフィールド・ユナイテッドに加入したGKの選手。

 

22歳ながら昨シーズンはリーグ戦1試合を除く37試合に出場。

果敢に前に出てシュートコースを限定するなど、多くのピンチを防ぐことができる選手で、特にハイボールの処理の良さは抜群。

 

マンチェスターユナイテッドへと復帰したディーン・ヘンダーソンの後釜として期待されています。

 

 

アウドゥライエ・ドゥクレ

この投稿をInstagramで見る

A New Chapter in my career. Very happy to have signed for @everton Ready to embrace the Challenge 💪 Allez les BLEUS🔵🔵

Abdoulaye Doucouré(@abdoudux)がシェアした投稿 –

これまで4シーズン所属したワトフォードの降格を機に移籍。

 

リーチの長い足を活かしたボール奪取とキープ力で中盤を制圧し、すでにエバートンでも存在感を発揮。

 

同じく新加入のハメス・ロドリゲス、アランの中盤トリオはビッグクラブにも劣らないクオリティで開幕4連勝と絶好調のクラブを支えています。

 

 

カラム・ウィルソン

この投稿をInstagramで見る

Very excited for this next chapter of my career at such a big club! @nufc

13(@callumwilson)がシェアした投稿 –

降格を機に6シーズン所属したボーンマスから2000万ポンドでニューカッスルに移籍したFWの選手。

 

昨シーズンは公式戦9得点と期待のパフォーマンスは披露できなかったですが、今シーズンは早速リーグ戦4試合4発と絶好調。

 

このまま主力選手としてチームを引っ張ることができるか注目したいところ。

 

 

ベン・ゴッドフリー

この投稿をInstagramで見る

Delighted to have signed for @everton and cant wait to get started with this huge club💙 let’s go!!

Ben Godfrey(@bengodfreyy)がシェアした投稿 –

移籍期間の最終日に移籍が実現したノリッジの若手有望株。

 

元ボランチということもあり、足元の技術にも優れており、ポゼッションサッカーにも難なく対応できるCBの選手で、初年度から重要な戦力として期待されています。

 

 

オーリエ・ワトキンス

昨シーズン、ブレントフォードでリーグ戦25得点を決めてクラブの3位フィニッシュに貢献し、今シーズンからはアストン・ヴィラでプレーするFWの選手。

 

開幕からクラブの主力選手として出場し、早速3節のリバプール戦ではハットトリックを達成し歴史的大勝に貢献。

 

ポジショニングが優れたワンタッチゴーラータイプの選手で、ここまでの活躍にすでにビッグクラブもこぞって注目しています。

 

 

ナタン・アケ

この投稿をInstagramで見る

Very excited to join @mancity. Can’t wait to get started! 💙🦈 #mancity

Nathan Aké(@nathanake)がシェアした投稿 –

ボーンマスの降格を機に4000万ポンドでマンチェスター・シティに移籍したDFの選手。

 

高さ、速さ、強さの三拍子を備えたレフティーのCBの選手で、緊急時にはSBも対応可能などペップが好んだ理由が分かります。

 

過去にチェルシーにも在籍していたのでビッグクラブでのプレー経験もあるなどかなり貴重な選手として注目されています。