リーグ再開後に最も得点を決めた選手は?Top10!【プレミアリーグ】

スポンサーリンク
アーセナル

コロナウイルスの影響で2020年3月から6月までの3か月間中断した19/20イングリッシュプレミアリーグ。

 

今年開催予定のEURO2020も1年間の延期が発表され、この異例ともいえる出来事に対して選手たちのコンディション維持は難しいと思われましたが、なかには再開後もトップフォームを維持して活躍した選手もいます。

 

そこで今回は、プレミアリーグ再開後のおよそ9試合で最も多く得点を決めた選手Top10を紹介します。

19/20プレミアリーグ再開後得点ランキングTop10!

10位:フィル・フォデン – 5得点(※4名)

この投稿をInstagramで見る

Big performance. Lads were superb. Always nice to grab a goal as well!

Phil Foden(@philfoden)がシェアした投稿 –

マンチェスター・シティ所属 / イングランド代表

19/20シーズンに記録した全5得点をリーグ中断明けに記録。その活躍もあり、リーグ終了後にはイングランドフル代表にも初選出された驚異の18歳。

 

 

10位:ケヴィン・デ・ブライネ – 5得点

この投稿をInstagramで見る

Impressive win

Kevin De Bruyne(@kevindebruyne)がシェアした投稿 –

マンチェスター・シティ所属 / ベルギー代表

シーズン序盤から活躍していたデ・ブライネは、3ヶ月の中断期間から明けても変わらずトップフォームを維持。チームは2位で終わりましたが、個人タイトルとしてPFA年間最優秀選手賞を受賞しています。

 

 

10位:メイソン・グリーンウッド – 5得点

この投稿をInstagramで見る

Var semi finals here we come @manchesterunited ❤️

Mason Greenwood(@masongreenwood)がシェアした投稿 –

マンチェスター・ユナイテッド所属 / イングランド代表

リーグ再開後にスタメンで出場機会をもらうと見事それをモノにし、レギュラー確保。フォデン同様、リーグ終了後にはイングランドフル代表に初選出されています。

 

 

10位:ピエール=エメリク・オーバメヤン – 5得点

アーセナル所属 / ガボン代表

開幕戦からトップフォームを維持していたオーバメヤンは、リーグ再開後も波がでることなく活躍。ノリッジ・シティに2点、レスター・シティに1点、ワトフォードに2点を決めています。

 

 

6位:オリビエ・ジルー – 6得点(※3名)

この投稿をInstagramで見る

Olivier Giroud. . #CHEWOL #CFC #Chelsea

Chelsea FC(@chelseafc)がシェアした投稿 –

チェルシー所属 / フランス代表

インテルへの移籍があったジルーはリーグ終盤まで数試合しか出場してませんでしたが、マンチェスターユナイテッド戦での好パフォーマンスからレギュラーを獲得。結局、リーグ再開後の9試合中、6試合で得点を決める活躍を披露しています。

 

 

6位:ブルーノ・フェルナンデス – 6得点

この投稿をInstagramで見る

Going home with +3 points! Happy to score 2 goals, great performance lads

Bruno Fernandes(@brunofernandes.10)がシェアした投稿 –

マンチェスター・ユナイテッド所属 / ポルトガル代表

冬に加入し、驚くべき適応を披露しているスポルティング産のMFは、6得点中3得点がPKですが、確実に決めるところが彼の良いところ。これまでPKキッカーが中々決まらなかったユナイテッドにとって素晴らしすぎる人材を補強。

 

 

6位:アントニー・マルシャル – 6得点

この投稿をInstagramで見る

Great game by the team and thanks my bro for the assist @brunofernandes.10 #godisgreat

Anthony Martial(@martial_9)がシェアした投稿 –

マンチェスター・ユナイテッド所属 / フランス代表

グリーンウッドやブルーノ同様、好調のクラブを牽引した選手の1人で9試合で6得点4アシストを記録。特に31節のシェフィールド・ユナイテッド戦ではハットトリックも達成しています。

 

 

3位:ダニー・イングス – 7得点(※2名)

この投稿をInstagramで見る

Ingzi(@ingstagram10)がシェアした投稿

サウサンプトン所属 / イングランド代表

サウサンプトンもリーグ再開してからの9試合で5勝1敗3分と素晴らしい成績。特にイングスはこの9試合で6得点を記録し、1シーズンの得点数も22点としてジェイミー・ヴァーディに次ぐ2番目の得点数を記録しています。

 

 

3位:ハリー・ケイン – 7得点

この投稿をInstagramで見る

Waited a long time for that! Perfect night to win and get back on the scoresheet. #COYS

Harry Kane(@harrykane)がシェアした投稿 –

トッテナム所属 / イングランド代表

ハムストリングスの怪我で一時はEURO2020の出場も危ぶまれていたケインでしたが、中断期間を上手く利用してじっくりと怪我を治し、リーグ再開後の9試合で7得点を記録。特に最後の3試合では5得点も決めるなど、20/21シーズンも期待できるパフォーマンスを披露しています。

 

 

1位:ラヒーム・スターリング – 8得点

この投稿をInstagramで見る

Perfect night out

Raheem Sterling x (@sterling7)がシェアした投稿 –

マンチェスター・シティ所属 / イングランド代表

プレミアリーグ再開後に最も得点を決めた選手はマンチェスターシティ所属のラヒーム・スターリングでした。出場した9試合で驚異の8得点を決めています。

2020年に入ってから約半年間も得点がなかったスターリングでしたが、アーセナル戦で点を決めると本調子に戻り、35節のブライトン戦ではハットトリックも達成しています。

 

以上で今回は、プレミアリーグ再開後に最も得点を決めた選手Top10を紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました!