20/21チェルシーFCが獲得した6名のビッグネーム【移籍情報】

スポンサーリンク
20/21シーズン移籍情報
Kai Havertz, deutscher Fußballspieler

今朝チェルシーFCが新たな戦力としてレバークーゼンからカイ・ハフェルツ選手を獲得したと発表しました。

この投稿をInstagramで見る

. . . Welcome to Chelsea, @kaihavertz29! #HiKai #CFC #Chelsea

Chelsea FC(@chelseafc)がシェアした投稿 –

このドイツ代表の超新星は、ずっと前から個人間では合意しているという報道はありましたが、やっと€80m(約100億円)という移籍金でクラブ間合意して移籍が実現しました!

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

その他にも昨シーズン補強禁止になった分、溜め込んだお金をどんどん使っていくチェルシーFCは、これでこの移籍期間だけで獲得した即戦力はなんと6名にもなります。

 

そこで今回は、20/21シーズンに向けてチェルシーFCが獲得した6名のビッグネームを紹介します。

カイ・ハフェルツ(レバークーゼン)

この投稿をInstagramで見る

Blue is the colour, @KaiHavertz29! #HiKai #CFC #Chelsea

Chelsea FC(@chelseafc)がシェアした投稿 –

この移籍期間で最も注目を集めた21歳のドイツ代表MF。

 

19/20シーズンはレバークーゼンの選手として18得点9アシストの活躍や、シーズン後半戦ではキャプテンマークも巻くなど、実力はすでに証明済み。

新しく加入したチェルシーでもトップ下を起点とした位置からゴールを量産することを期待されています。

 

 

チアゴ・シウバ(パリ・サンジェルマン)

ACミランやパリ・サンジェルマンなどを渡り歩いてきた経験豊富なブラジル代表DF。

 

気迫がこもったプレーや体を張ったプレーでチームを後方から鼓舞し、昨シーズン所属したパリサンジェルマンではクラブ初となるCL決勝進出に大きく貢献。

そんな同選手は、失点数が多いチェルシーをうまくまとめることができるか新たなDFリーダーとして期待されています。

 

 

ベン・チルウェル(レスター・シティ)

レスター・シティから獲得したイングランド代表DF。

 

マンチェスターCなどからも狙われていた同選手をチェルシーが€50mで獲得。激しい上下動ができる選手で守備だけでなく、攻撃にも貢献することが期待されています。

 

 

ティモ・ヴェルナー(RBライプツィヒ)

この投稿をInstagramで見る

My new home! Come on, @chelseafc

Timo Werner(@timowerner)がシェアした投稿 –

圧倒的なスピードと確かな決定力で昨シーズンはドイツのブンデスリーガで28得点(得点ランキング2位)記録。

 

チェルシーは昨シーズン、レンタルから復帰したFWタビー・エイブラハムがリーグ戦15得点を記録し、必須な補強ポイントではなかったですが、€53mというお買い得価格でワールドクラスの選手の獲得に成功しています。

 

 

ハキム・ジィエフ(アヤックス)

この投稿をInstagramで見る

First session done for @chelseafc . Very excited and happy to be here and can’t wait to see you guys at the bridge soon

Hakim Ziyech(@hziyech)がシェアした投稿 –

こちらも今旬なウインガーの選手を€40mで獲得。

 

昨シーズンまで所属していたアヤックスでは、CLチェルシー戦で3アシストを達成するなどアシスト能力に長け、1シーズントータルでは21アシストを記録。

また、強烈なミドルシュートも持ち味で初年度から得点やアシストで貢献することが期待されています。

 

 

マラング・サール(ニース)

この投稿をInstagramで見る

Blue is the color ! Happy and grateful to sign for Chelsea FC Thanks for the love and support ! Let’s get to work and achieve big things together #CFC #YoungKing

Malang Sarr(@malang_sarr)がシェアした投稿 –

かつてバルセロナも狙っていたほどの逸材をフリーで獲得。現在21歳ながら前所属のニースではすでに主力選手として公式戦100試合以上に出場。

 

初年度は多くの出場機会を貰えないと思いますが、CBやSBのバックアッパーとして成長が期待されています。