ウィリアンで11人目!チェルシーとアーセナル両方に所属した選手一覧

スポンサーリンク
まとめ

2020年8月14日に、Arsenal公式Instagramが、これまでチェルシーに所属していたブラジル代表FWウィリアンの加入を発表しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rocking the red

Arsenal Official(@arsenal)がシェアした投稿 –

(90min.com)によると、この移籍で、両クラブに在籍したことのある選手は、ウィリアンで11人目になるとの事。

そこで今回は、アーセナルとチェルシーの両クラブに在籍した11選手を紹介します。



ウィリアン・ボルジェス(チェルシー2013-2020‐アーセナル2020-)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rocking the red

Arsenal Official(@arsenal)がシェアした投稿 –

今回の記事の主役。これまでチェルシーの選手として、プレミア通算37ゴールを決め、19/20シーズンでは、エデン・アザールから引き継いだ背番号10を着用し、キャリアハイの9得点をマークしています。

 

現在32歳ながら衰えを知らない彼ですが、来シーズンからはガナーズの一員として、プレーでチームを引っ張るだけでなく、同郷のマルティネッリへのサポートも期待されています。

 

 

ダビド・ルイス(チェルシー2011-2014/2016-2019‐アーセナル2019-)

 

この投稿をInstagramで見る

 

⚪️

David Luiz(@davidluiz_4)がシェアした投稿 –

チェルシー時代には、プレミアリーグとCLのタイトル獲得に貢献し、加えて2度のEL優勝とFAカップ優勝も経験するなど、終始主力選手として活躍。

 

19/20シーズンから所属するアーセナルでは、5回ものPKを献上するというワーストな記録をつくるものの、1年間の契約延長を発表するなど、指揮官アルテタからの信頼は厚いです。

【関連記事】

19/20プレミアで更新された「4つの新記録!」不名誉な記録も…
19/20イングランドプレミアリーグで更新された新たな「4つの新記録」を掲載しています。

 

 

オリビエ・ジルー(アーセナル2012-2018‐チェルシー2018-)

 

この投稿をInstagramで見る

 

tech • nique. #CFC #Chelsea

Chelsea FC(@chelseafc)がシェアした投稿 –

アーセナルに在籍した5シーズン半では、プレミアリーグ180試合に出場して、73ゴールをマーク。

 

一方、2018年から所属したチェルシーでは、控えになる場面が増えたものの短い時間で結果を残し、特に19/20シーズンではシーズン途中からレギュラーに返り咲き、18試合出場で8ゴールをマークする活躍を披露しています。

 

ペトル・チェフ(チェルシー2004-2015‐アーセナル2015-2019)

 

この投稿をInstagramで見る

 

19th of May will always be special …

Petr Cech(@petrcech)がシェアした投稿 –

15年に渡ってロンドンでゴールマウスを守ったレジェンド。

チェルシーでは、14/15シーズンにティボー・クルトワに レギュラーの座を奪われるまで、絶対的守護神として活躍し、4度のプレミア制覇を始めCLなど、様々なタイトル獲得に貢献しています。

 

また、2015年に加入したアーセナルでも、FAカップ優勝を経験し、引退後は再びチェルシーで、テクニカルアドバイザーとして復帰しています。

 

 

セスク・ファブレガス(アーセナル2003-2011‐チェルシー2014-2019)

 

この投稿をInstagramで見る

 

15 years already of this incredible night. My second ever trophy as a professional. #18yo #FACup @arsenal ⚽️

Cesc Fàbregas(@cescf4bregas)がシェアした投稿 –

16歳で加入したアーセナルで、すぐさま実力が認められ、あっという間に主力選手に。19歳11ヶ月で達成したプレミアリーグ100試合という記録は、2020年現在、未だ破られていません。

 

その後に、バルセロナを経て加入したチェルシーでも、2度のプレミアリーグ制覇に貢献するなど、リーグ屈指のプレイメイカーとして活躍しました。

【関連記事】

歴代プレミア最も若い年齢「100試合出場」達成選手は?TOP10!
歴代イングリッシュプレミアリーグで、最も若い年齢で「100試合出場」を達成した選手TOP10を掲載しています。

 

 

ウィリアム・ギャラス(チェルシー2001-2006‐アーセナル2006-2010)

アシュリー・コールとトレードするまで5シーズン所属したチェルシーでは、2度のプレミアリーグ制覇に貢献。

 

アーセナルでは、4シーズン過ごし、途中からキャプテンも任されていましたが、その後、タブーとされているトッテナムへ移籍しています。

 

アシュリー・コール(アーセナル1999-2006‐チェルシー2006-2014)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Well it’s come to that time… I’ve officially hung my boots up. After 20 years of playing professional football, i’d like to thank every manager I’ve had the pleasure of working with. To every player i’ve played with, you’ve been my second family! I’ve had so many great memories that I’ll never forget and i’ve been so lucky to win trophies along the way. Playing for my country has also been a huge privilege and source of pride for me. I’ve always dreamed of walking off the pitch for the last time with my family and i’m thankful I’ve had that moment with them. Without my mum’s sacrifice, my dream could never have been achieved. Thank you ❤ It’s time to be with my beautiful family, Sharon and my two amazing kids ❤ I’m looking forward to a new and exciting chapter in coaching. Ashley @cpfc @arsenal @chelseafc @england @officialasroma @lagalaxy @dcfcofficial

Ashley Cole(@theofficialac3)がシェアした投稿 –

アーセナルアカデミー出身のアシュリー・コールは、アーセナルの選手として、03/04シーズンの無敗優勝メンバーを経験した選手で、当時世界最高の左サイドバックとの呼び声も高かった選手。

 

そんな選手だっただけに、ライバルチームへの移籍に失望する人も多く、かなりの批判を浴びましたが、めげることなく活躍し、プレミア制覇やCL制覇に大きく貢献しています。

 

 

ニコラス・アネルカ(アーセナル1997-1999‐チェルシー2008-2012)

 

この投稿をInstagramで見る

 

‘@NicoAnelka39 against his old club, with an absolute rocket’ #OnThisDay: 2009 #CFC #Chelsea

Chelsea FC(@chelseafc)がシェアした投稿 –

17歳の頃に加入したアーセナルでは、移籍するまでの2年間で、65試合23ゴールを挙げる活躍を披露。尚、£500,000で加入したアネルカは、£22.3mでレアル・マドリーへと売却しています。

 

その後、5つのクラブを渡り歩き、2008年にチェルシーへと加入すると、プレミア制覇やその他のタイトルにも貢献した他、自身も08/09シーズンに得点王に輝く活躍を披露しています。

 

 

エマヌエル・プティ(アーセナル1997-2000‐チェルシー2001-2004)

1997年からアーセナルに加入すると、その年にプレミアリーグとFAカップの2冠を達成。

2000年にバルセロナへ1年間在籍しますが、その後チェルシーへと移籍し、3シーズンプレーしています。

尚、プティは、フランス代表として1998年W杯とユーロ2000の優勝に貢献しています。

 

ラサナ・ディアラ (チェルシー2005-2007‐アーセナル2007-2008)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lass Diarra(@lass_officiel)がシェアした投稿

2005年に、当時20歳だったディアラは、マケレレの後継者としてチェルシーに加入も、そのマケレレからポジションを奪うことが出来ず、2年間でわずかリーグ戦13試合のみの出場で2007年に退団。同年8月に同じロンドンクラブのアーセナルに加入しましたが、ここでも定位置を掴めず、わずか4ヶ月でポーツマスへと移籍しています。

 

 

ヨッシ・ベナユン(チェルシー2010-2013‐アーセナル2011-2012)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Thanks to :Moshealmasi תודה למשה אלמסי

benayoun15(@benayoun15)がシェアした投稿 –

2010年にリバプールからチェルシーに加わるも、怪我にも苦しむなどして、出場機会に恵まれず、翌年に、1年間のレンタルでアーセナルに加入しています。 そこでは、途中出場が多かったものの19試合で4得点を挙げる活躍を披露しています。しかし、チェルシーに戻ることはなく、レンタルを繰り返して、2013年にQPRへ完全移籍しています。

 

タイトルとURLをコピーしました