ドログバがチェルシー在籍時に最も得意だった相手は?TOP5紹介!

スポンサーリンク
チェルシー

今回は、ブルーズのレジェンドであるコートジボワール代表ストライカーのディディエ・ドログバがチェルシーに在籍していた9年間(2004~2012、2014~2015)で決めた全153ゴールの中から最も多く点を決めたクラブランキングTOP5を紹介します。

 

 

5位:エバートン / ポーツマス(7得点)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Everton(@everton)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

FP is play-off ready #Pompey

Portsmouth FC(@officialpompey)がシェアした投稿 –

5位はエバートンとポーツマスの2チームでそれぞれ7得点を挙げている。

特にポーツマスに関しては同じディヴィジョンに所属することが多くないので短い試合数で結果を残していることが分かる。また、FAカップ決勝でもドログバの得点により1-0でチェルシーが優勝を果たしている。

 

 

3位:ウエスト・ブロムウィッチ・アルビオン(8得点)

 

この投稿をInstagramで見る

 

One left. EVERYTHING to play for. COYB ⚪️ . #TheHawthorns #EFL #Championship #WBA

West Bromwich Albion(@wba)がシェアした投稿 –

 

3位にランクインしたのがウエスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)で8得点挙げている。

特に2010-11シーズンは、ハットトリックを含む2試合4得点を挙げる活躍をみせて圧倒している。

 

 

2位:リバプール(9得点)

 

この投稿をInstagramで見る

 

18 League games ⚽️ 47 Goals 52 Points 1 more Anfield game to go #LFC #LiverpoolFC #Liverpool #Anfield

Liverpool Football Club(@liverpoolfc)がシェアした投稿 –

2位にランクインしたのがまさかの強豪リバプールで計9得点を叩きだしている。

単純に対戦回数が多いからというのもあるが、2004-05から2009-10までの6年間毎シーズン得点をあげるなどリバプールを得意としてたことが分かる。

 

 

1位:アーセナル(13得点)

1位もまさかのビッグ6からのランクインで、アーセナル相手に計13得点を叩きだして最も得点を挙げたクラブとなっている。

また、驚くことにドログバはアーセナル相手に複数得点が多くハットトリックが1回、2得点が4回と逆に1得点だけの試合の方が少ないなど最もお得意としていたことが分かる。