商売上手トッテナムがこれまで獲得した「バーゲン選手6人!」

スポンサーリンク
まとめ

今回は、選手の発掘かつ商売が上手なトッテナム・ホットスパーFCのこれまで安く獲得できた6人の選手を紹介します。

※フリーで加入した選手は掲載していません。

 

1.デレ・アリ(£5m)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dream come true 💭❤️⚽️

Dele(@dele)がシェアした投稿 –

2015-16シーズンよりMKドンズから£5m(約7億円)という移籍金でトッテナム・ホットスパーに加入したMF。

 

当時19歳の選手とあって最初はそれほど重要な存在になるとは考えられていなかったが、マウリシオ・ポチェッティーノ監督が起用するとすぐに結果を残してレギュラーに定着した

また、1月24日のプレミアリーグ第23節クリスタル・パレス戦では1-1の同点で迎えた終了間際に、巧みなコントロールでボールを浮かせて相手DFをかわし、ボレーシュートで決勝点を記録して世界に自身の名を知らしめた。

 

結局2015-16シーズンは、リーグ戦10得点11アシストを記録してプレミアリーグの年間ベスト11に選ばれる活躍をみせ、その後も2年連続で年間ベストイレブンとPFA年間最優秀若手賞を受賞するなど2020年現在までチームの顔として大活躍している。

 

 

2.トビー・アルデルヴァイレルト(£11.5m)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Very excited to join @SpursOfficial. Looking fwd to this but also looking back @ a great @SouthamptonFC season. Great club & fans! Thanks!

Toby Alderweireld(@tobyalderweireld)がシェアした投稿 –

アトレティコ・マドリーでリーグ優勝やCL準優勝に貢献して既に名の通っていた選手であったが、2015年に£11.5m(約15億円)という格安な金額で獲得。

 

初年度からチームのDFリーダーとして活躍し、同シーズンのプレミアリーグベストイレブンにも選出された。また、リーグ2位にも貢献し、ビッグクラブが狙う選手にまで成長した。

 

 

3.エリック・ダイアー(£4m)

2014年にポルトガルのスポルティングから£4m(約5億円)で獲得したMFの選手。

加入当初から重要な戦力として活動しており、イングランド代表としてもユーロ2016やロシアW杯2018に出場した。

 

その活躍もあって、2017年にはマンチェスター・ユナイテッドが£50m(約70億円)のオファーを出したという噂もあったほどで、見合った金額かは置いといて彼を£4mで獲得できたスパーズは、かなりのバーゲン選手を見つけたことが分かる。

 

4.クリスティアン・エリクセン(£11m)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Happy to have signed a contract with #Tottenham #happy

Christian Eriksen(@chriseriksen8)がシェアした投稿 –

2014年にアヤックスから£11m(約15億円)で加入したデンマーク代表MF。

加入当初から持ち前の攻撃センスを披露し、プレミア屈指のアシストマシーンとして活躍。18/19シーズンにはこれまでベッカムしか達成できなかった4シーズン連続2桁アシストも達成し、ハリー・ケインやソン・フンミンなどのストライカーを支えた。

 

最終的に2020年にインテルに移籍するまでの約6シーズン半で305試合出場、69得点89アシストを記録したことから£11mがかなりのバーゲン価格だったことが分かる。

 

 

5.ガレス・ベイル(£7m)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Happy birthday, @garethbale11! 🎉

Tottenham Hotspur(@spursofficial)がシェアした投稿 –

すでにサウサンプトンで頭角を現していたベイルは争奪戦の末、2007年にスパーズが£7m(約10億円)で獲得。

他の選手らと異なり、活躍するまでに時間を要したが、アーセナル戦やチェルシー戦で立て続けにゴールを挙げると一気に殻が剥け、クラブ史上初めてのCL出場に貢献。

 

自身も2011年と2013年にPFA年間最優秀選手賞を獲得し、2013年9月に当時の移籍金史上最高額である£86m(約115億円)を置き土産にレアル・マドリーへ移籍した。トッテナムは獲得したお金から考えると100億円以上もの利益を得ていることが分かる。

 

 

6.ロビー・キーン(£7m)

 

この投稿をInstagramで見る

 

15 years ago today I signed for this great club @spursofficial great memories 🤸🏻‍♂️🤸🏻‍♂️ COYS #spurs #15years

Robert Keane(@robbiekeane)がシェアした投稿 –

2002年にリーズ・ユナイテッドから£7m(約9億円)で獲得したストライカーは、2008年に移籍するまでの約6年間で197試合80ゴールを挙げ、プレミアリーグ通算100ゴールも記録した。そして2008年にリバプールへ£19m(約25億円)で売却するとその半年後に再びスパーズへ復帰している。推定移籍金は£15m(約20億円)で利益をあげたわけではないが、5億円得した結果となっている。