19/20リバプールは2位!プレミアリーグ連続無敗記録TOP5!

スポンサーリンク
アーセナル

2020年2月29日に行われたイングランドプレミアリーグ第28節でリバプールがワトフォードに3-0で敗れたことによって、これまで継続していた連続無敗記録が44試合で止まりました。

 

そこで今回は、プレミアリーグで最も長く連続無敗試合数を記録したクラブランキングTOP5を紹介します。


第5位:マンチェスター・シティ(2017/18) 30試合

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sprinkling of El Mago magic ✨⠀ ⠀ ⠀⁣⠀ #ManCity

Manchester City(@mancity)がシェアした投稿 –

5位にランクインしたのは17/18シーズンに30試合の無敗を記録したペップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティ。また、このシーズンのマン・シティは他にも多くの記録を作っており、歴代最多勝点(100)、歴代最多アウェイ勝点(50)、歴代シーズン最多勝利数(32)、歴代最多連勝数(18)を更新している。

尚、この無敗記録はリバプール(4-3)によってストップした。

 

 

第5位:アーセナル(2001/02) 30試合

 

この投稿をInstagramで見る

 

Let’s go Gunners! 💪⁠ ⁠ #Arsenal #NLD #TOTARS #AFC #PremierLeague #COYG

Arsenal Official(@arsenal)がシェアした投稿 –

同じく30試合で5位にランクインしたのがアーセナルFC。この記録は2002年に当時監督を務めていたアーセン・ヴェンゲル監督により達成されている。

約10ヶ月にも及んだアーセナルの無敗記録はエバートン戦での試合終盤に、スーパーゴールを決められて終了した。

その決勝点を挙げた人物は当時16歳のウェイン・ルーニーだったのは有名な話。

【関連記事】

1位は何と16歳!プレミアリーグ歴代最年少得点ランクTOP20!
イングランドプレミアリーグのこれまでの歴史で史上最年少の若さでゴールを決めた選手TOP20を掲載しています。

 

第3位:チェルシー(2004/05) 40試合

 

この投稿をInstagramで見る

 

This picture. 😍 #CFC #Chelsea

Chelsea FC(@chelseafc)がシェアした投稿 –

3位はチェルシーFCの40試合で当時監督をしていたジョゼ・モウリーニョによって達成された。

04/05シーズンから2シーズンに渡って圧倒的な成績を収めたチェルシーは50年ぶりのリーグ優勝に加え、次のシーズンも連覇を達成。特にホームゲーム戦では2004年から2008年までの約4年間負け知らずという驚異的な成績を収めている。

 

 

第2位:リバプール(2019/20) 44試合

 

この投稿をInstagramで見る

 

One week left, two games to go 👊 LET’S DO THIS, REDS! ✊🔴 #LFC #LiverpoolFC #Liverpool #PL #PremierLeague

Liverpool Football Club(@liverpoolfc)がシェアした投稿 –

2位にランクインしたのが、19/20シーズン圧倒的な強さを見せたリバプールでワトフォードに敗れるまでは44試合負けなしという成績を残した。

またマン・シティに並ぶリーグ最多連勝記録(18)も達成し、プレミア史上最速での優勝を達成した。

 

 

1位:アーセナル(2003/04) 49試合

 

この投稿をInstagramで見る

 

ᴡᴡᴡᴡᴅᴅᴡᴡᴡᴅᴡᴡᴡᴅᴅᴡᴅᴡᴡᴅᴡᴡᴡᴡᴡᴡᴡᴡᴡᴅᴡᴅᴡᴅᴅᴅᴡᴡ⁠ ⁠ #Invincibles

Arsenal Official(@arsenal)がシェアした投稿 –

プレミアリーグで最も無敗記録を続けたのはアーセナルFCで49試合となった。この記録は10年以上たっても未だ破られていない。

また03/04シーズンのアーセナルはシーズンを通して1度も負けることなくプレミアリーグ優勝を果たし、「無敵のチーム」として讃えられた。