守備不安定アーセナルの獲得の噂「CB」5選手【20/21移籍情報】

20/21シーズン移籍情報




どうもこんにちは。当ブログではイングランドプレミアリーグに関する記事を掲載しています。

今回は、どうも今シーズン守備が安定していないアーセナルFCの20/21シーズンに向けて獲得の噂が出ている「CB」5選手を紹介します。

 

1.クリス・スモーリング

 

この投稿をInstagramで見る

 

DAJE ROMA! 🐺 💛❤️ @officialasroma

Chris Smalling(@smalling)がシェアした投稿 –

ローマ / イタリア(マンチェスター・ユナイテッドからのローン)

現在セリエA5位と躍進を続けるローマで輝きを放つイングランド代表CB。

持ち前のリーダーシップや打点の高さを活かして、クラブで最も一貫したパフォーマンスを見せている1人。

その活躍からローマは完全移籍を狙っているというが、保有元のマンチェスターUの要求額に食い違いが生じており、その隙を突いてスモーリングを狙うと言われている。

マンチェスターUで約9年間プレーした経験豊富なCBだけに彼の獲得は素晴らしい補強になるはず。

 

 

2.チアゴ・シウバ

パリ・サンジェルマン / フランス

パリ・サンジェルマンでリーグ優勝に貢献した経験豊富なブラジル代表CB。

35歳という普通なら衰退期に入る年でも衰えを見せずフル稼働して活躍。素晴らしいキャプテンシーも持っており、味方を鼓舞する。

今シーズンでクラブの退団を発表しており、まだ新天地も決まっていない。また、かつてブラジル代表でコンビを組んだダビド・ルイスも在籍していることから獲得はそれほど困難ではないとみられる。

ただ、35歳という年齢と高額な年俸がネックか。

 

 

 

3.ダヨ・ウパメカノ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Enges Spiel bis zum Ende. Einen Punkt erkämpft 💪🏿 #FCBRBL @dierotenbullen

Dayot Upamecano_5(@upamecano_5)がシェアした投稿 –

RBライプツィヒ / ドイツ

現在21歳ながらライプツィヒで素晴らしいシーズンを送っているフランス出身DF。

スピード、フィジカル、そして賢さも持つ万能型で、多くのビッグクラブが狙っている。

それだけに移籍金は高くなると予想され、最低でも£50m(約70億円)はかかると言われており、その資金を確保するために複数の選手の売却を検討しているという。

 

 

4.マラング・サール

 

この投稿をInstagramで見る

 

🤦🏾‍♂️Miss that feeling !! #MS23 #stayathome

Malang Sarr(@malang_sarr)がシェアした投稿 –

フリー

若い頃からフランスのニースで頭角を現し、各年代のフランス代表にも選ばれている21歳DF。過去にはバルセロナも興味を示していたという逸材。

即戦力になるかは分からないが、長い目でみた際のポテンシャルは目を見張るものがある。また、6月末でニースとの契約が切れ、フリーでの獲得が可能なだけに早く契約を済ませたいところ。

 

 

 

5.マラシュ・クンブッラ

 

この投稿をInstagramで見る

 

È evidente che non sia andata bene, ma siamo ancora lì. E non abbiamo intenzione di mollare #forzaHells 💛💙

Marash Kumbulla(@maxkumbulla)がシェアした投稿 –

ヴェローナ / イタリア

2000年生まれで現在20歳ながらヴェローナの3バックの中央で異彩を放つアルバニアの超逸材。

20歳とは思えぬ落ち着いたパフォーマンスでリーグ4位となる最少失点数に貢献。その活躍からユベントスやインテル、ナポリも興味を示しているという。

現時点での獲得の可能性は高くないが、もし実現したなら強力なオプションの1つになるだろう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。






コメント