歴代プレミアリーグ最も有名で偉大なサッカー選手TOP15!

スポンサーリンク
ランキング

1992年に創設されてから様々な歴史を生んできたイングランドプレミアリーグ。2020年現在までの28年間で、常に世界のトップリーグとして、様々な名選手が誕生してきました。

 

そこで今回は、歴代プレミアリーグの最も偉大なサッカー選手TOP15を紹介します。(fourfourtwo参照)

 

15位:セルヒオ・アグエロ

 

この投稿をInstagramで見る

 

#manchester #manchestercity #mancity #puma #premierleague #pumafootball

Sergio Leonel Agüero(@kunaguero)がシェアした投稿 –

FW / アルゼンチン

2011年にマンチェスター・シティに加入してから2020年の現在までクラブの大エースとして活躍し、プレミア通算150ゴール以上を決めているリーグ屈指のスコアラー。

 

特に移籍初年度となる2011/12シーズンに、クラブの1968年以来となるリーグ優勝を決めた劇的逆転ゴールは今でも度々取り上げられるなど、絶大な人気を誇っている。

 

 

14位:アシュリー・コール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Well it’s come to that time… I’ve officially hung my boots up. After 20 years of playing professional football, i’d like to thank every manager I’ve had the pleasure of working with. To every player i’ve played with, you’ve been my second family! I’ve had so many great memories that I’ll never forget and i’ve been so lucky to win trophies along the way. Playing for my country has also been a huge privilege and source of pride for me. I’ve always dreamed of walking off the pitch for the last time with my family and i’m thankful I’ve had that moment with them. Without my mum’s sacrifice, my dream could never have been achieved. Thank you ❤ It’s time to be with my beautiful family, Sharon and my two amazing kids ❤ I’m looking forward to a new and exciting chapter in coaching. Ashley @cpfc @arsenal @chelseafc @england @officialasroma @lagalaxy @dcfcofficial

Ashley Cole(@theofficialac3)がシェアした投稿 –

DF / イングランド

主にアーセナルとチェルシーで活躍した左SBの選手で、イングランド代表としても100試合以上の出場を誇る。

プレミアリーグで約400試合に出場し、3度のプレミアリーグ優勝、更にチェルシー時代にクラブ初となるCL制覇も経験した。

 

 

13位:リオ・ファーディナンド

 

この投稿をInstagramで見る

 

On This Day in Moscow 2008… Childhood Dreams Became True! 🏆 What a @manchesterunited Team this was! #OTD #MUFC #UCL #Moscow

Rio Ferdinand(@rioferdy5)がシェアした投稿 –

DF / イングランド

リーズ・ユナイテッドやマンチェスター・ユナイテッドなどで約500試合に出場したプレミア屈指のCB。特にマンチェスター・ユナイテッド時代にはプレミアリーグ優勝を6回、CL優勝を1回経験している。

 

また、個人賞としてもプレミアリーグ年間ベストイレブンを6回受賞した経歴を持つレジェンド。

 

 

12位:ジョン・テリー

DF / イングランド

チェルシーFCのみの試合数でも約500試合の出場数を誇るクラブのレジェンド。

FIFPro年間最優秀選手賞の守備部門に創設された2005年度から4年連続で名を列ね、UEFAチャンピオンズリーグの最優秀DF賞を2005年2008年に2度獲得、PFA年間最優秀選手賞2005年に獲得などの実績がある。

Wikipedia参照

 

 

11位:ライアン・ギグス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Our classic 1993/94 black away shirt, worn here by Giggsy in devastating fashion ⚫ #MUFC

Manchester United(@manchesterunited)がシェアした投稿 –

FW / ウェールズ

プロキャリアの24年間を全てマンチェスター・ユナイテッドに捧げたレジェンド。出場試合数は672試合にのぼる。

 

プレミアリーグタイトルを12回、CLタイトルを2回獲得しており、個人としてもPFA年間ベストイレブンを7回、PFA年間最優秀選手賞を1回獲得している。

 

 

10位:パトリック・ヴィエラ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Thank you for everything

Patrick Vieira(@officialpatrickvieira)がシェアした投稿 –

MF / フランス

主にアーセナルで活躍した選手で、プレミアリーグタイトルを3回、PFA年間ベストイレブンを6回獲得したフランスのレジェンド。

 

 

9位:ロイ・キーン

この投稿をInstagramで見る

Job done ✅ #RoyKeane stepped up to seal the 3️⃣ points last time we visited Elland Road in the #PremierLeague 💪 #MUFC

Manchester United(@manchesterunited)がシェアした投稿 –

MF  / アイルランド

長年マンチェスター・ユナイテッドのキャプテンとして黄金期を支えた闘将。

プレミアリーグタイトルを7回、CLタイトルを1回獲得しており、1999/00シーズンにはPFA年間最優秀選手賞も獲得している。

 

 

8位:スティーヴン・ジェラード

 

この投稿をInstagramで見る

 

We are not coming home without it …😉

Steven Gerrard(@stevengerrard)がシェアした投稿 –

MF / イングランド

現役時代にリバプールで504試合に出場し、120得点を挙げたレジェンド。

プレミアリーグタイトルには恵まれなかったが、個人タイトルはUEFA年間最優秀選手賞、PFA年間最優秀選手賞、FWA年間最優秀選手賞をそれぞれ1回に加え、PFA年間ベストイレブンを8回、イングランド年間最優秀選手を2回獲得するなど素晴らしい経歴を持つ。

 

 

7位:ポール・スコールズ

 

この投稿をInstagramで見る

 

❤️

Paul Scholes(@paulscholesaaa)がシェアした投稿 –

MF / イングランド

マンチェスター・ユナイテッドで公式戦650試合出場したレジェンドで、歴代4位の出場記録を持つ。また、タイトルもプレミアリーグタイトルを11回、CLタイトルを2回獲得しており、2008年にイングランドサッカー殿堂入りを果たしている。

 

 

6位:フランク・ランパード

MF / イングランド

MFながら高い得点能力を誇り、チェルシーFCにおける歴代最多得点記録の保持者である。13シーズン所属したチェルシーでは、3度のプレミアリーグ優勝、クラブ初のUEFAチャンピオンズリーグ優勝に中心選手として大きく貢献した。

Wikipedia参照

 

 

5位:エリック・カントナ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Happy 77th birthday from one of your 7! #siralexferguson @manchesterunited #777

Eric Cantona(@ericcantona)がシェアした投稿 –

FW / フランス

マンチェスター・ユナイテッドの復活に貢献した中心選手で、クラブの20世紀最高のサッカー選手にも選ばれたレジェンド。

4度のプレミアリーグタイトルを獲得し、個人タイトルも1993/94シーズンにPFA年間最優秀選手賞を獲得した。

 

 

4位:ウェイン・ルーニー

 

この投稿をInstagramで見る

 

⚽️🔴 #mufc #tbt

Wayne Rooney(@waynerooney)がシェアした投稿 –

MF / イングランド

5度のリーグ優勝の他、UEFAチャンピオンズリーグおよびFIFAクラブワールドカップでも優勝を経験している。マンチェスター・ユナイテッドFC元主将であり、同クラブの歴代通算得点ランクではボビー・チャールトンの249ゴールを抜き1位(250ゴール)である。元イングランド代表で、2014年から2016年まで主将を務めていた。代表の通算出場数は歴代2位、通算得点数は歴代1位である。

Wikipedia参照

 

 

3位:アラン・シアラー

 

この投稿をInstagramで見る

 

#thisdayin2006 The last one. Not a bad way to bow out!! 🙋🏼‍♂️

Alan Shearer(@alanshearer)がシェアした投稿 –

FW / イングランド

主にブラックバーンやニューカッスルでプレイしていた選手で、これまでプレミアで決めた260点は歴代通算1位の記録となっている。

3度の得点王、2度のPFA年間最優秀選手賞を受賞し、2004年にはイングランドサッカー殿堂入りを果たしている。

 

 

2位:クリスティアーノ・ロナウド

 

この投稿をInstagramで見る

 

➡️ Just #CristianoRonaldo doing #CristianoRonaldo things 🤷‍♂️ #MUFC #MatchRewind

Manchester United(@manchesterunited)がシェアした投稿 –

MF / ポルトガル

決してキャリアの全盛期を過ごした訳ではないが、圧倒的な成績を残したクリスティアーノ・ロナウドが2位にランクイン。

マンチェスター・ユナイテッドに加入してから退団するまでの6年間で、3度のプレミアリーグ制覇、1度のCL制覇に貢献。また、個人タイトルではバロンドール、FIFA最優秀選手賞をそれぞれ1回ずつ、PFA年間最優秀選手賞、FWA年間最優秀選手賞をそれぞれ2回ずつ獲得する圧倒的な活躍をみせた。

 

 

1位:ティエリ・アンリ

FW / フランス

プレミアリーグ歴代最多となる4度の得点王受賞をはじめ、FWA(Football Writers’ Association、サッカーライター協会)の投票によるFWA年間最優秀選手賞を3度受賞、PFA年間最優秀選手賞を2度受賞、UEFAチーム・オブ・ザ・イヤーを同賞最多の5度受賞と数々の個人タイトルを獲得。2018-19シーズンまででアンリのプレミアリーグにおける1シーズン歴代最多アシスト数(20アシスト)は未だ破らていない。

Wikipedia参照

などの華やかなキャリアをアーセナル時代に記録したティエリ・アンリが1位となった。