10/11~19/20プレミア優勝各クラブ1シーズン移籍補強額まとめ!

スポンサーリンク
まとめ

今回は、2010/11シーズンから2019/20シーズンまでのイングランドプレミアリーグ優勝各クラブの1シーズン移籍補強額を掲載しています。

 

2010/11 マンチェスター・ユナイテッド:£6.3m(約8億円)

 

この投稿をInstagramで見る

 

🏆 ➕ 🧠 The most iconic duo in #PremierLeague history. #MUFC #SirAlexFerguson #MatchRewind

Manchester United(@manchesterunited)がシェアした投稿 –

主な補強選手:クリス・スモーリング

単独最多となる19度目のリーグ優勝を飾ったマンチェスター・ユナイテッドは、フラムから獲得したクリス・スモーリングのみの補強で、ほぼ昨シーズンの戦力を使い優勝を達成。

 

 

2011/12 マンチェスター・シティ:£89m(約120億円)

 

この投稿をInstagramで見る

 

When we all held our breath…⁣ ⁣ #onthisday #mancity

Manchester City(@mancity)がシェアした投稿 –

主な補強選手:セルヒオ・アグエロ、サミル・ナスリ、ガエル・クリシー

2008年からクラブのオーナーに就任したアル・ナヒヤーン氏の積極投資により獲得した即戦力の3選手が躍動し、1968年以来となるリーグ優勝を果たした。

また、この優勝は最終節の劇的逆転勝利による優勝だった為、その試合のアグエロのゴールは今でもプレミアリーグ公式で度々取り上げられる。

 

 

2012/13 マンチェスター・ユナイテッド:£62.1m(83億円)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Seven years ago today, #SirAlexFerguson announced his retirement. There aren’t enough words for this post – simply the greatest. ✨❤️ #MUFC

Manchester United(@manchesterunited)がシェアした投稿 –

主な補強選手:ファン・ペルシ―、香川真司

昨シーズン惜しくも優勝を逃したマン・ユナイテッドは、エースストライカーのファン・ペルシ―と司令塔の香川真司という即戦力を獲得し、巧みに起用して2シーズンぶりのリーグ優勝に成功した。

 

 

2013/14 マンチェスター・シティ:£91.9m(約124億円)

 

この投稿をInstagramで見る

 

What a day in the 2013/14 title race!⁣ ⁣ ⁣ #onthisday #mancity

Manchester City(@mancity)がシェアした投稿 –

主な補強選手:フェルナンジーニョ、デミチェリス、ヘスス・ナバス、ヨヴェティッチ

この年にペジェグリーニ新監督が就任したことで、彼の体制に合ったフェルナンジーニョやヨヴェティッチらの獲得で約124億円という大金を投じ、2シーズンぶりの王者奪還に成功した。

 

 

2014/15 チェルシー:£119.3m(約160億円)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Diego Costa’s Premier League record: 🏆 2 titles 👕 89 appearances ⚽ 52 goals 🅰️ 16 assists #CFC #Chelsea

Chelsea FC(@chelseafc)がシェアした投稿 –

主な補強選手:ジエゴ・コスタ、ティボー・クルトワ、フィリペ・ルイス、セスク・ファブレガス、ディディエ・ドログバ、フアン・クアドラード

前のシーズンにアトレティコ・マドリーで活躍したジエゴ・コスタ、ティボー・クルトワ、フィリペ・ルイスら3選手の獲得に成功し、またバルセロナからセスク・ファブレガス、ガラタサライからドログバの復帰などで一気に顔触れを変更したチェルシーが、09/10シーズン以来となる優勝を達成した。

 

 

2015/16 レスター・シティ:£27.3m(約36億円)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Leicester City signed Shinji Okazaki #OnThisDay in 2015! 🇯🇵💙 #lcfc

Leicester City(@lcfc)がシェアした投稿 –

主な補強選手:岡崎慎司、エンゴロ・カンテ

前のシーズンにギリギリ残留を果たしたレスター・シティは、マインツから日本代表の岡崎慎司、そして当時無名だったカンテをカーンから獲得、その他にも即戦力を獲得し、約36億円を投資し、誰もが知る奇跡のリーグ優勝を達成した。

【関連記事】

【動画有】史上最大のリーグ優勝のレスター。過去の屈辱とは!?
15/16シーズンにイングランドプレミアリーグを制し、イングランド史上最高の番狂わせを起こしたレスター・シティですが、過去に同じくらい凄いことをやられていました!それとは…

 

 

2016/17 チェルシー:£120.5m(約162億円)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Champions of England! 🏆🏆🏆🏆🏆 Three years ago today! 🍾🎉 #CFC #Chelsea

Chelsea FC(@chelseafc)がシェアした投稿 –

主な補強選手:エンゴロ・カンテ、マルコス・アロンソ、ミヒー・バチュアイ、ダビド・ルイス

コンテ監督の就任で、昨シーズンレスター・シティの優勝に貢献したカンテを始め、ダビド・ルイスやマルコス・アロンソなど即戦力を獲得し、鉄壁のDFを形成したチェルシーが2シーズンぶりの優勝を果たした。

 

 

2017/18シーズン マンチェスター・シティ:£284.4m(約383億円)

 

この投稿をInstagramで見る

 

TWO YEARS.⁣ ⁣ #onthisday #mancity

Manchester City(@mancity)がシェアした投稿 –

主な補強選手:エメリク・ラポルテ、ベルナルド・シウバ、メンディ、カイル・ウォーカー、ダニーロ、エデルソン

前年のグアルディオラ体制が失意に終わり、この年は大量の主力選手の退団と即戦力の獲得で大幅なチーム刷新が行われた。また、冬にはかねてからペップが熱望していたDFのラポルテも約80億円で獲得したことで約380億といった規格外のお金をつかったマン・シティが圧倒的な強さをみせて4シーズンぶりの優勝を果たした。

 

 

2018/19 マンチェスター・シティ:£60m(81億円)

 

この投稿をInstagramで見る

 

CHAMPIONS! 🏆⁣ ⁣ #OnThisDay #ManCity

Manchester City(@mancity)がシェアした投稿 –

主な補強選手:リヤド・マフレズ

かねてから噂のあったマフレズを約80億をつぎ込み獲得したシティが、最終節までもつれた熱戦を制して2シーズン連続の優勝を果たした。

 

 

2019/20 リバプール:£8.6m(約11億円)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Our history continues… 🤩

Liverpool Football Club(@liverpoolfc)がシェアした投稿 –

主な補強選手:南野拓実

19/20シーズンのリバプールは、冬に南野拓実のみの獲得だけでほぼ現状戦力で優勝を果たし、この額は10/11シーズンのマンチェスター・ユナイテッドに次ぐ2番目に少ない金額となっている。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました