【2020年度】海外プレミアサッカー活躍の注目7選手【MFアンカー編】

スポンサーリンク
まとめ

今回は、2020年度イングランドプレミアリーグで活躍する注目MF・アンカーの7選手を紹介します。  

 

1.ジョーダン・ヘンダーソン(リバプール)

 
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Wow. What a 24 hours! Being able to celebrate together as a team last night is something we’ll all never forget. However I wanted to send a message too to all of you, our amazing fans. It is a true privilege and an honour to represent and captain your great club. We know it’s been a long wait but to all of you Reds, this one is for you 🏆 When the time is right, we can’t wait to celebrate with you all. Thank you for always believing in us. Now we must focus on the next seven games and finish the season as strongly as we can before we get to lift that trophy 💪🏻 To each and every Liverpool fan out there, You’ll Never Walk Alone ❤️

Jordan Henderson(@jhenderson)がシェアした投稿 –

中盤ならどこでも高いクオリティで結果を残す頼れるリーダー。 最近はアンカーより前目の位置でのプレーが増えてきたが、ファビーニョが離脱していた際はアンカーをこなし、DFの位置までおりて組み立てるビルドアップとチーム全体のバランスを整える役割を担い、クラブのプレミアリーグ創設後初となる優勝に大きく貢献。 その活躍から同シーズンのPFA年間最優秀選手賞獲得にも現実味が帯びてきている。

 

 

2.ファビーニョ(リバプール)

 
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Great win today. We’re on our way. #YNWA 👊🏾🙏🏾

Fabinho(@fabinho)がシェアした投稿 –

2018年にフランスのモナコからリバプールに加入すると、レッズ(リバプールの愛称)のアンカーとしてすぐさま欠かせない存在に。

リーチの長い足を活かしたボール奪取で相手の攻撃の起点をつぶし、攻撃においても高精度のロングフィードでチャンスを演出する。

首位攻防戦となったマンチェスターC戦では先制点となる強烈なミドルシュートをたたき、チームを勝利に導くなど得点での貢献度も高い。

 

 

3.ロドリ(マンチェスター・シティ)

 
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Happy first City-versary to Rodrigo who signed #OnThisDay in 2019 💪  #ManCity

Manchester City(@mancity)がシェアした投稿 –

長年マン・シティのアンカーを務めていたフェルナンジーニョのCBコンバートもあり、レギュラーとして定着。

特徴としては相手の攻撃の芽を摘み取り、起点を潰す見事なタックルと冷静な判断力を持ち合わせているアンカーで、加入1年目ながら驚異的な適応の早さを見せつけ、長年課題として取り上げられていたフェルナンジーニョ後継者問題を解消した。    

 

 

4.エンゴロ・カンテ(チェルシー)

 
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

We still believe @chelseafc 🔵🔵

N’Golo Kanté(@nglkante)がシェアした投稿 –

フランス代表とチェルシーで活動し、様々なタイトル獲得に貢献する頑張り屋。ジョーダン・ヘンダーソン同様、前目の位置でも存在感を発揮する。 無尽蔵なスタミナを持っており、攻守両局面に積極的に顔を出し貢献する。特に守備を得意としており、168㎝という身長ながら相手選手のボールをいとも簡単に奪うボールの予測能力は見事。

【関連記事】

海外サッカー170㎝以下ながら活躍する注目6選手【プレミアリーグ】
イングランドプレミアリーグで身長170㎝以下ながら活躍する注目6選手を掲載しています。

 

 

5. ウィルフレッド・エンディディ(レスター・シティ)

 
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Massive win yesterday Love it foxes A big thanks to our fans at KP for being patient and cheering till the goals started popping . . . 💙💙💙💙

W I L F R E D N D I D I(@ndidi25)がシェアした投稿 –

ナイジェリアが誇る守備職人で、ブレンダン・ロジャーズ監督の下で快進撃を続けるチームの門番を務める。

手足の長さを活かしたタックルやインターセプトで、チームのピンチの芽を摘み取り、攻撃でもセットプレーのターゲットになるなど貴重な存在で、怪我で離脱した際にはチームも勝点をこぼすなど、不在の影響を大きく感じさせた。

 

 

 

6.オリバー・ノーウッド(シェフィールド・ユナイテッド)

 
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tough game last night, atmosphere at the Lane was 🔥, incredible support! @sheffieldunited #bladesmen ⚔️🔴⚪️⚫️

Ollie Norwood(@ollie.norwood)がシェアした投稿 –

躍進を続けるチームのリーダーとしてここまで全試合に出場。 アンカーの位置からゲームを組み立て、正確なロングキックでサイドに散らすことができるチームの舵取り役。

献身性が素晴らしく、リズム感も兼ね備えているリーダータイプの選手で時々みせるミドルシュートも素晴らしいものを持っている。

 

 

 

7.ルベン・ネベス(ウォルバーハンプトン)

 
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Another big win today 💪🏼 rest up and think on the next one 🐺 Well done boys 💛

Ruben Neves(@rubendsneves)がシェアした投稿 –

チャンピオンシップ(イングランド2部)時代からチームを支えるウルブスの絶対的司令塔。

最終ラインまで下がって組み立てに参加し、広い視野と精度の高いキック精度で一気にチャンスの局面をつくることができる選手。またミドルシュートも得意で、ときおりスーパーゴールも決める。

チーム3年目となった今、アンカーの位置からチームの戦術を体現し、最も欠かせない選手の1人となっている。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました