【2020年度】海外プレミアサッカー活躍の注目8選手【SB編】

スポンサーリンク
まとめ

今回は、2020年度イングランドプレミアリーグで活躍する注目SB(サイドバック)8選手を紹介します。

 

1.アンドリュー・ロバートソン(リバプール)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Huge performance from us today. One step closer. We missed the fans but that one was for you #YNWA

Andrew Robertson(@andyrobertson94)がシェアした投稿 –

現在欧州王者のリバプールで替えが効かない選手として君臨する左SBの選手。

無尽蔵なスタミナを武器にリバプールのハイプレスを体現する。守備では体を張り、攻撃では高精度のクロスでアシストを積み重ねるプレミア屈指のSB。

【関連記事】

スターリングも!1994年生海外サッカー注目選手【プレミアリーグ】
スターリングなど1994年生まれの海外サッカースター選手9人を掲載しています。【プレミアリーグ】

 

 

2.トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Even closer.

Trent Alexander-Arnold(@trentarnold66)がシェアした投稿 –

現在21歳ながらロバートソン同様、リバプールの替えが効かない選手の1人として活躍する世界最高の右サイドバック。

積極的に攻撃に参加し、上質なクロスでアシストを積み重ねる選手で、FKやCKも得意。

有望な右SBが多いイングランド代表においてもレギュラーとして出場し、ユーロ2021でも活躍が期待される。

【関連記事】

【今後10年は安泰】イングランド出身の注目若手右サイドバック10選手!【2020年度】
若手の台頭が多いイングランド出身の右サイドバックにおいて、特に有望な若手10選手を掲載しています。

 

 

3.カイル・ウォーカー(マンチェスター・シティ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Back from the break with 3 decent points!

Kyle Walker(@kylewalker2)がシェアした投稿 –

グアルディオラ監督の独特な戦術を理解し、体現する俊足SB。

常にアップダウンを繰り返し、攻守に貢献するハードワーカーで、特に守備時の切り替えが早くピンチを救う場面も多々ある。

シーズン序盤は、同ポジションのジョアン・カンセロが加入し、自身の序列も危ぶまれたが、自ら価値を証明し、ここまではマン・シティのファーストチョイスとして活躍している。

 

 

4.アーロン・ワン=ビサカ(マンチェスター・ユナイテッド)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Counting down the days… 🕸 #MUFC #AWB

Aaron Wan-Bissaka(@a_bissaka)がシェアした投稿 –

18/19シーズンにクリスタル・パレスで頭角を現し始めると、一気にブレイクしてマンチェスター・ユナイテッドに加入。

加入後も持ち前の対人戦の強さで、すでに欠かせない選手の1人となっている。特にマンチェスター・シティ戦では相手チームのエース、ラヒーム・スターリングを完璧に抑えつける見事なパフォーマンスを披露し、勝利に貢献。

同胞のトレント・アレクサンダー=アーノルドともよく比較されることも多く、攻めのトレント守りのワン=ビサカという認識で知れわたっている。

 

 

5.リカルド・ペレイラ(レスター・シティ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

The first step is believing in YOU ! 💙⚽️ +3️⃣ #lcfc #premierleague #win #goal #baicucoragifitchado

Ricardo Pereira(@ri_pereira)がシェアした投稿 –

豊富なスタミナと快速スピードを生かしてピッチを支配するDF。

SBの選手ながら積極的に攻撃に参加し、ゴールやアシストでも貢献できる選手で、クラブの久し振りとなるCL出場権獲得の為に欠かすことが出来ないキーマンの1人。

7節のニューカッスル戦でピッチ中央から独走して決めたゴールは圧巻の一言。

 

 

6.ベン・チルウェル(レスター・シティ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Swear @madders is always happier than i am when i score🤣🤣 happy to get a goal but deserved the win. Onto tuesday 💙 @lcfc

Chilly(@benchilwell)がシェアした投稿 –

クラブアカデミー出身の逸材。リカルド・ペレイラ同様、積極的に攻撃に参加する左SBの選手。

豊富な体力で激しいアップダウンを繰り返し、攻守両局面で存在感を発揮する。2年前からフクスの後継者として出始め、上手く世代交代に成功し、今やイングランド代表にも選ばれている。

その活躍からチェルシーが大金を用意しているとの報道もあり、今後の去就が注目されている。

【関連記事】

【ビッグ6に食い込む快進撃!】19/20シーズン絶好調のレスター・シティを支える注目8選手
19/20シーズンのプレミアリーグで3位と絶好調なレスター・シティを支える注目8選手を掲載しています。

 

 

7.リュカ・ディーニュ(エバートン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tic toc 🤪⚽️⏳ #football #passion #lifestyle #efc #coyb

Lucas Digne(@lucasdigne)がシェアした投稿 –

18/19シーズンにバルセロナ(スペイン)から加入したフランス代表SB。

移籍初年度ながらチームMVPを獲得するなど、抜群の適応力をみせる。持ち味のキック精度を活かしてチャンスを演出しFKやCKも任されるなど、守備のみならず攻撃にも必要不可欠な存在。

その活躍から多くのビッグクラブが目を付けているという報道もあり、今後の去就が注目される。

 

 

8.マックス・アーロンズ(ノリッジ・シティ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

MA(@maxaarons2)がシェアした投稿

18歳という若さから本格的に出場し始め、18/19シーズンではチームのチャンピオンシップ(イングランド2部)優勝に貢献し、個人としてもベストイレブンと最優秀ヤングプレイヤー賞を受賞した今最も注目されているSBの選手。

攻撃センスは既に一級品で、右SBからオーバーラップを仕掛け、正確なクロスをあげるなど積極的に攻撃に参加し、既にチームに欠かせない存在の1人となっている。

現在チームはリーグ最下位で、2部降格がいよいよ現実味が帯びてきており、多くのクラブがこぞって彼の動向を注目しているという報道がある。

【関連記事】

【若手育成の宝庫】19/20ノリッジ・シティ注目若手5選手!
19/20イングランドプレミアリーグのノリッジ・シティに所属する注目若手5選手を掲載しています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。