19/20プレミアリーグ・ビッグ6のスタメン平均年齢が最も若いのは?

まとめ

どうもこんにちは。当ブログではイングランドプレミアリーグに関する記事を掲載しています。

今回は、プレミアリーグでビッグ6のスタメン平均年齢を紹介します。

 

リバプール / 26.7歳

 

この投稿をInstagramで見る

 

. Champions of the World Champions of Europe Champions of England

Liverpool Football Club(@liverpoolfc)がシェアした投稿 –

リバプールのスタメンは20代後半の選手が多く、30歳以上の選手は今年の6月で30歳になったキャプテンのジョーダン・ヘンダーソンのみとなっているので、ここ数シーズンに渡り、クラブの未来は明るいと思われる。

 

 

マンチェスター・シティ / 28.2歳

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fourmidable ⠀⁣⠀ ⠀ #ManCity

Manchester City(@mancity)がシェアした投稿 –

ベテラン選手と中堅選手で主にスタメンが構築されているマン・シティは、一番若い選手でも24歳(ロドリ)。

逆に30代は4名在籍しており、世代交代もそろそろ行われると予想。また、2年間の欧州カップ戦出場停止が正式に決まれば、スターリング(25歳)やデ・ブライネ(29歳)の去就も気になるところ。

 

 

チェルシー / 25.3歳

 

この投稿をInstagramで見る

 

That’s a huge three points! #CHEMCI #CFC #Chelsea

Chelsea FC(@chelseafc)がシェアした投稿 –

今シーズンから指揮を務めるランパード監督の世代交代が上手くはまり、見事にベテラン選手と若手選手が共存している。

また、来シーズンからの加入が決定しているヴェルナーやジィエフもいるので、最も未来が明るいクラブの1つとなっている。

 

 

マンチェスター・ユナイテッド / 24.1歳

 

この投稿をInstagramで見る

 

️ We’re going to Wembley… Chelsea ️ Sunday 19 July ⏰ 18:00 BST #FACup semi-final #MUFC

Manchester United(@manchesterunited)がシェアした投稿 –

スールシャール監督の就任により、近年の不調ぶりから抜け出しつつあるマン・ユナイテッドもラッシュフォードやグリーンウッドなどのユース出身選手の台頭や、着実な補強で平均年齢が24.1歳とここ5年間のクラブの未来は右肩上がりと予想できる。

 

 

トッテナム / 26.3歳

 

この投稿をInstagramで見る

 

Our pressure finally pays off as we take the lead at Tottenham Hotspur Stadium!

Tottenham Hotspur(@spursofficial)がシェアした投稿 –

前監督ポチェッティーノが起用してきた有望な若手選手たちは今や中堅選手となりチームを引っ張る存在に。

監督がモウリーニョになってもその方針は変わることなく、ベテランと若手選手がうまく共存した良いチームになっている。

 

 

アーセナル / 27歳

 

この投稿をInstagramで見る

 

Three points in the bag! ⁣ ⁣ #PremierLeague #Arsenal #SOUARS #AFC #WeAreTheArsenal #COYG #ComeOnYouGunners

Arsenal Official(@arsenal)がシェアした投稿 –

アカデミー出身の選手が多く活躍するアーセナルも平均年齢が27歳とうまくバランスを取っている。

これからブカヨ・サカ(18歳)やガブリエウ・マルティネッリ(19歳)らが順当に成長してくれれば、ガナーズも未来は明るい。

 

どのクラブも思っていたより平均年齢が若かったのですが、最も平均年齢が若いクラブはマンチェスター・ユナイテッドの24.1歳という結果になりました。

以上で今回は、19/20イングランドプレミアリーグ・ビッグ6のスタメン平均年齢を紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント