チェルシーFC、19/20シーズンで退団あり得る8選手

スポンサーリンク
20/21シーズン移籍情報

今回は、チェルシーFCの19/20シーズン限りで退団あり得る8選手を紹介します。

 

1.ケパ・アリサバラガ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Never too high, never too low @chelseafc

Kepa Arrizabalaga Revuelta(@kepaarrizabalaga)がシェアした投稿 –

2018年にGK移籍金最高額でチェルシーに加わったケパだが、今シーズンはうまくチームの波に乗れておらず、サブGKのカバジェロにレギュラーを奪われることもしばしば。

クラブは既に新しいGKを探しているとも報じられており、レンタルで放出することが有力視されている。そこで新天地候補としてバレンシアなどのスペイン勢クラブが名乗りを挙げているという。

 

 

2.マルコス・アロンソ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Next round here we come! @emiratesfacup ! Well done team! Estamos en la siguiente ronda de FA Cup! Vamos equipo! 〽️

Marcos Alonso(@marcosalonso28)がシェアした投稿 –

ここ数年に渡り、チェルシーのレギュラーとして重要な戦力だったマルコス・アロンソだが、19/20シーズンはパッとしない印象で長年築いた不動の座もエメルソンに奪われた。クラブもレスター・シティのDFベン・チルウェルの獲得に興味を持っていると報じられており、アロンソの移籍を容認しているとの報道も。

獲得には恩師コンテが率いるインテルが興味を示しているというが果たしてどうなるのか。

 

 

3.クルト・ズマ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Top performance today 🙌🏿 @chelseafc

Kurt Zouma(@kurtzouma)がシェアした投稿 –

相変わらずフィジカルや競り合いに関しては申し分ないが、横の揺さぶりに弱い印象で振り切られる場面もしばしば。

クラブもフランス・リール所属のDFガブリエウ・マガリャンイス獲得を狙っていることからもし獲得が実現できたなら消去法としてズマの退団が現実的か。

 

 

4.エンゴロ・カンテ

 

この投稿をInstagramで見る

 

We still believe @chelseafc 🔵🔵

N’Golo Kanté(@nglkante)がシェアした投稿 –

クラブ4年目となる今シーズンも相変わらず重要な存在として活躍するカンテだが、度々ジダン率いるレアル・マドリーから狙われるなど去就は危うい。

チェルシーのランパード監督は変わらず重要な戦力として認めているが、マウントやギルモアなど若手選手が台頭してきた中盤は飽和状態なので、移籍金次第では交渉の席に就くと思われる。

 

5.ウィリアン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Onto the next round!!! 💪👊 #facup #CFC #W10 #semifinals #comeonchelsea

Willian Borges Da Silva(@willianborges88)がシェアした投稿 –

31歳となった現在もキレ味の鋭いドリブルで、試合に変化をつける攻撃のキーマン。クラブも今シーズンで切れる契約を延長しようと交渉しているが、いまだ契約延長の報道が出ていない。

そんな彼にはアーセナルやトッテナム、バルセロナらが狙っているといわれ、人気銘柄だけに去就が気になるところ。

 

 

6.ペドロ・ロドリゲス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Come on @ChelseaFC !! #CFC

Pedro Rodriguez Ledesma(@_pedro17_)がシェアした投稿 –

クラブの世代交代により出場機会が減少しているベテランアタッカーは、既にイタリアのローマに合意していると報じているところもあり、退団は決定的と見られる。

 

 

7.タミー・エイブラハム

 

この投稿をInstagramで見る

 

Great performance, great support 👏🏾💙 well done boys! Nice to add another one ⚽️ #CFC #TA9

Tammy Abraham(@tammyabraham1)がシェアした投稿 –

ここまでチーム最多の13得点をあげている重要な得点源だが、クラブはドイツ代表FWヴェルナー獲得とジルーの契約延長を発表。この2選手は確実に残ると考えるとやはり退団も視野に入る。

まだどこも放出に関して報道はしていないが、もし放出されるならレンタル移籍が最有力か。

 

 

8.ミヒー・バチュアイ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Disappointing end to this game and the cup, but still plenty to go… #ChinUp #KTBFFH 💙🔥

Michy Batshuayi(@mbatshuayi)がシェアした投稿 –

自動的にFW4番手となったバチュアイは、退団濃厚とみられている。

新天地はまだ明確にされていないが、古巣クリスタル・パレスなどが興味を示しているとの報道もある。

 

タイトルとURLをコピーしました