ダビド・シルバ退団後の後継者になりうる6選手【マンチェスター・シティ】

スポンサーリンク
20/21シーズン移籍情報

今回は、今シーズン限りで10年所属したマンチェスター・シティを退団するダビド・シルバの後継者候補6選手を紹介します。

 

1.フィル・フォデン(マンチェスター・シティ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Brilliant performance from the lads tonight! Half way there, one more push needed 💙

Phil Foden(@philfoden)がシェアした投稿 –

2000年代生まれの逸材MFで現段階では後継者最有力の選手。

17歳の頃からシティのトップチームで出場し続ける超新星で、絶妙な位置取りや周りとの連携プレーの成熟度が年々増していき、指揮官ペップもレンタル放出しないなど即戦力として認めていることが分かる。

プレミアリーグ再開初戦となったアーセナル戦では早速ゴールをマークするなど結果も残す。

 

 

2.イスマエル・ベナセル(ミラン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

‪Belle victoire collective hier soir pour la reprise du championnat !‬ ‪🔴⚫️ #ForzaMilan‬

Ismael Bennacer(@ismaelbennacer)がシェアした投稿 –

現在ミラン(イタリア)で活躍するアルジェリア代表MF。過去にはアーセナルに在籍した事もあり、その際は結果は振るわなかったが、その後移籍したエンポリ(イタリア)で才能が開花。

2019年に行われたアフリカ王者を決める大会、アフリカネイションズカップではアルジェリア代表の優勝に貢献したほか、大会MVPにも選ばれる活躍を見せた。

攻守にわたって貢献するレフティーのレジスタで、ダビド・シルバと被る部分も多く、シティには同郷のリヤド・マフレズも所属しているのでチームへの適応も難しくないだろうとみられる。

 

 

3.ファビアン・ルイス(ナポリ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ci siamo ai quarti di finale 💪💙 #coppaitalia

Fabian Ruiz(@fabianruiz52)がシェアした投稿 –

バルセロナやレアルマドリーも狙っているという万能型MF。

攻守に渡って存在感を放つ選手で、特にカットインからのシュートは一級品。2017年にスペイン代表として優勝を達成したU-21欧州選手権では大会MVPに輝いた過去もあり、24歳になった今もチームの大黒柱として活躍する。

 

4.イスコ(レアル・マドリー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

+3 para seguir lideres💪💪😁😁

Isco Alarcon Suarez(@iscoalarcon)がシェアした投稿 –

スペインが生んだマドリーの天才MF。ジダン監督の復帰により調子を戻しつつあるが、ロドリゴやヴィニシウスなど若手選手の台頭やエデン・アザールの加入でいまだ準レギュラーのまま。

しかしクラブではジダン、代表ではイニエスタに例えられる神童は、ダビド・シルバの穴を埋めることのできる数少ない貴重な存在。現時点での移籍の可能性は低いとみられるが、後継者としては申し分ない選手。

 

 

5.フィリペ・コウチーニョ(バイエルン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Philippe Coutinho(@phil.coutinho)がシェアした投稿

現在ブラジル代表とバイエルンで活動する彼は、近年伸び悩んでいる印象だが、かつて所属したリバプール時代のポテンシャルから考えると獲得する価値は充分にある。

また保有元のバルセロナも売却を考えているという報道もあることからハードルもそんなに高くない印象。

 

 

6.チアゴ・アルカンタラ(バイエルン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

The best way to start the year 🤩 ⚽️🤱🏼

Thiago Alcantara(@thiago6)がシェアした投稿 –

最後の後継者候補は、スペイン代表MFのチアゴ・アルカンタラ。

知っている方も多いと思うが、指揮官ペップのお気に入り選手で、2013年にバイエルンの監督に就任した際、古巣バルセロナから連れてきたほど。

2016年のマン・シティ監督就任時も獲得を目論んでおり、2020年現在まで度々獲得興味の報道がされている。

29歳になったチアゴだが、すでにグアルディオラ監督のサッカーは身体に染みついていると考えられ、適応も早いと予想。2チームに渡って形成された師弟関係はここでも見れるのか是非注目したい。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました