歴代プレミアリーグゴールデングローブ受賞者【2010~2020】

スポンサーリンク
まとめ

今回は、2010年から2020年までの歴代ゴールデングローブ賞受賞者を紹介します。

 

プレミアリーグ・ゴールデングローブとは?

プレミアリーグ・ゴールデングローブ (Premier League Golden Glove)は、プレミアリーグにおける表彰であり、プレミアリーグで最も多くのクリーンシート(無失点試合)を達成したゴールキーパーに贈られる。

Wikipedia

 

 

2010/2011シーズン

ジョー・ハート(マンチェスター・シティ) / 18試合(無失点試合数)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Great support today..Thank you.

Joe Hart(@joehartofficial)がシェアした投稿 –

シーズン終了後の2009年6月24日に、プレミアリーグ昇格を果たしたバーミンガム・シティFCへレンタル移籍。降格候補筆頭とも言われたバーミンガムで12試合無敗を達成するなどシーズンを通して安定したプレーをみせ、クラブの9位躍進に貢献。PFA年間ベストイレブンにも選出された。

バーミンガムでの活躍が評価されシティに復帰すると、2010-11シーズン開幕戦のトッテナム・ホットスパーFC戦では、ギヴンに代わってスタメンに選ばれた。この試合で好セーブを披露し無失点で試合を終えたことをきっかけに正GKの座を掴むと、リーグ戦全38試合に出場し、リーグ最多の18のクリーンシートを記録した。

Wikipedia

 

 

2011/2012シーズン

ジョー・ハート(マンチェスター・シティ) / 17試合

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

What a night, so happy to be part of this team..Never stopped believing..We did this together #FANS #CMONCITY

Joe Hart(@joehartofficial)がシェアした投稿 –

ギヴンがアストン・ヴィラFCへ移籍した2011-12シーズンも全38試合出場でリーグ最少の29失点と安定した守備をみせ、44年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

Wikipedia

 

 

2012/2013シーズン

ジョー・ハート(マンチェスター・シティ) / 18試合

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Been beat too many times at Stamford Bridge not to enjoy today. Let’s make this a special season from out of NOWHERE!! #fighttotheend #youcantseeme #hypervenom #cmoncity

Joe Hart(@joehartofficial)がシェアした投稿 –

クラブの成績は2位で終わったものの、全38試合出場してリーグ最少失点となる34点を記録。無失点試合も18試合と昨シーズンよりも1試合伸ばして見事3年連続となるゴールデングローブ賞を受賞した。

 

 

2013/2014シーズン

ヴォイチェフ・シュチェスニー(アーセナル) / ペトル・チェフ(チェルシー) / 16試合

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Selfie with my Golden Glove for 2013/14 season! Proud to share it with a legend that is Petr Cech! #selfie #szczesny #cech #arsenal #goldenglove #proud

Wojciech Szczesny(@wojciech.szczesny1)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

19th of May will always be special 🏆

Petr Cech(@petrcech)がシェアした投稿 –

このシーズンにアーセン・ヴェンゲル監督の信頼を掴んだシュチェスニーが、プレミアリーグ全38試合の内、1試合を除いた37試合に出場し、16試合の無失点試合を記録。同じくチェルシーでリーグ最少の27失点を記録したペトル・チェフと並び、2人で受賞した。

 

 

2014/2015シーズン

ジョー・ハート(マンチェスター・シティ) / 14試合

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@kylewalker2 has inspired a champions league tbt.. what a man 🧤

Joe Hart(@joehartofficial)がシェアした投稿 –

13/14シーズン不調に陥り、一時はレギュラーの座も奪われていたが、カップ戦の好パフォーマンスから再びレギュラーに定着すると、リーグは惜しくも2位だったが個人としては無失点試合を14として、通算で4度目のゴールデングローブ賞を受賞した。

 

 

2015/2016シーズン

ペトル・チェフ(アーセナル) / 16試合

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Thank you @premierleague … 2 teams 🔵🔴 15years , 443 apps/ 202 clean sheets , 280 wins and … 🏆🏆🏆🏆 … it has been a privilege and pleasure ! #goodbye

Petr Cech(@petrcech)がシェアした投稿 –

このシーズンにチェルシーからアーセナルに加入すると、すぐさま適応して見せ活躍。リーグ優勝こそ出来なかったが、16クリーンシートを達成し自身4度目となるゴールデングローブ賞を受賞した。

 

 

2016/2017シーズン

ティボー・クルトワ(チェルシー) / 16試合

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Premier league champion!!! Also very happy with the Golden Glove!! 💙💙💙

Thibaut Courtois(@thibautcourtois)がシェアした投稿 –

2016-17シーズンはプレミアリーグトップである16試合のクリーンシートを記録し、プレミアリーグ年間最優秀ゴールキーパーに輝くなどプレミアリーグ優勝に貢献した。またスカイスポーツ選出の2016-17シーズン、プレミアリーグファンタジーイレブンにも選出された。

Wikipedia

 

 

2017/2018シーズン

ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド) / 18試合

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

💪🏻🙌🏻

David De Gea(@d_degeaofficial)がシェアした投稿 –

リーグ優勝こそ達成できなかったもののマンチェスターUの守護神として18試合を無失点で抑え、初のゴールデングローブ賞を受賞するとともに自身5度目となるベストイレブンにも選出された。

 

 

2018/2019シーズン

アリソン・ベッカー(リバプール) / 21試合

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

12/05/19 Great honor!! God is good! #21cleansheets for the lads! ❤️💪🏼🙏🏻 #LFC #AB1 #goldenglove

Alisson Becker(@alissonbecker)がシェアした投稿 –

2018年7月に加入したリバプールで早速正GKとして活動すると、度々致命的なミスはあったものの全体で見れば素晴らしいパフォーマンスを披露し、クリーンシートの数も21として加入初年度ながらゴールデングローブ賞を受賞した。

 

 

2019/2020シーズン

エデルソン・モラレス(マンチェスター・シティ) / 16試合

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Last Premier League Game 👍🏻

Ederson Moraes(@ederson93)がシェアした投稿 –

共に最終節を残して15クリーンシートとしていたエデルソンとニック・ポープ(バーンリー)であったが、最終節ブライトンに2点決められて負けたバーンリーに対して最終節ノリッジ・シティ戦を5対0で完勝したエデルソンがクリーンシート数を16とし初のゴールデングローブ賞を受賞した。

 

また、圧倒的な成績でリーグ優勝したリバプールのGKアリソンは怪我での欠場が響き、クリーンシート数は13で2年連続の受賞とはならなかった。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。