歴代プレミアPFA年間最優秀選手賞受賞者【2009~2020】

スポンサーリンク
まとめ

今回は、2009年~2020年までの歴代PFA年間最優秀選手賞受賞者を紹介します。

PFA年間最優秀選手賞とは?

PFA年間最優秀選手賞 (: The Professional Footballers’ Association Players’ Player of the Year)は、イングランド国内でプレイしている選手を対象に、そのシーズン最も活躍した選手に与えられる賞である。1973-74シーズンから実施されており、プロフェッショナル・フットボーラーズ・アソシエーション (PFA)のメンバーによる投票によって選出される。

Wikipedia

09/10シーズン

ウェイン・ルーニー(マンチェスター・ユナイテッド)

チーム自体はプレミア2位、CLベスト4止まりだったが、個人としてはプレミアリーグ通算100得点や36試合で28ゴールを決める活躍を見せて初のPFA年間最優秀選手賞を受賞した。

 

 

10/11シーズン

ガレス・ベイル(トッテナム)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🗓 🏴󠁧󠁢󠁷󠁬󠁳󠁿 On this day in 2007, we signed @garethbale11…

Tottenham Hotspur(@spursofficial)がシェアした投稿 –

特に圧巻だったのがCLインテル戦でのハットトリックで、当時ポジションが左SBにも関わらず達成したことで話題となった。そして2011年4月にカルロス・テベスらを抑え、PFA年間最優秀選手賞を初受賞した。

 

 

11/12シーズン

ロビン・ファン・ペルシー(アーセナル)

アーセナルの新キャプテンとなった11/12シーズンは、チーム自体はプレミア3位だったが、個人としてはキャリアハイのリーグ戦30得点13アシストを記録し、得点王に輝くとともにPFA年間最優秀選手賞を初受賞した。

12/13シーズン

ガレス・ベイル(トッテナム)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Made some incredible memories this season! But sad to see the last @spursofficial game at WHL, will always be a special place to me! #TBT

Gareth Bale(@garethbale11)がシェアした投稿 –

このシーズンにトップ下でプレーすることが多くなったベイルは、リーグ戦キャリアハイの21得点を挙げ、自身2度目となるPFA年間最優秀選手賞を受賞。その後、レアル・マドリー(スペイン)へと移籍した。

 

 

13/14シーズン

ルイス・スアレス(リバプール)

前のシーズンのチェルシー戦での噛みつきにより、開幕から6試合出場停止だったが、そのハンデを乗り越え31得点で得点王を獲得。またPKでの得点もなく、12アシストも記録するなど圧倒的な成績を残してPFA年間最優秀選手賞を初受賞した。その後スペインのバルセロナへと移籍している。

 

 

14/15シーズン

エデン・アザール(チェルシー)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

⚽️⚽️😉💥

Eden Hazard(@hazardeden_10)がシェアした投稿 –

このシーズンから背番号を10番に変更すると、リーグ戦17得点4アシストを記録してクラブの5年ぶりとなるリーグ優勝に貢献し、初のPFA年間最優秀選手賞を受賞した。

15/16シーズン

リヤド・マフレズ(レスター・シティ)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

What a year 2016 has been so many ups, thankful for everything and everyone. Bring on the new year 👌🏽

RM26(@riyadmahrez26.7)がシェアした投稿 –

前のシーズンにギリギリ残留を果たしたレスター・シティが、プレミアリーグ初の優勝を飾るという史上最大の番狂わせが起きたこのシーズンは、この年に大ブレイクしたリヤド・マフレズが17得点10アシストを記録する活躍で、アフリカ人として初のPFA年間最優秀選手賞を受賞した。

【関連記事】

【動画有】史上最大のリーグ優勝のレスター。過去の屈辱とは!?
15/16シーズンにイングランドプレミアリーグを制し、イングランド史上最高の番狂わせを起こしたレスター・シティですが、過去に同じくらい凄いことをやられていました!それとは…

 

 

16/17シーズン

エンゴロ・カンテ(チェルシー)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Back on track with @chelseafc

N’Golo Kanté(@nglkante)がシェアした投稿 –

前のシーズンにレスターの選手として優勝に貢献したカンテは、チェルシーに移籍してもすぐさま戦術に適応して欠かせない存在になり、クラブの2年ぶりとなるリーグ優勝に貢献。また、カンテ自身は別クラブでの2シーズン連続リーグ優勝を達成し、初のPFA年間最優秀選手賞を受賞した。

 

 

17/18シーズン

モハメド・サラー(リバプール)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🏆

Mohamed Salah(@mosalah)がシェアした投稿 –

クラブとしては無冠だったものの、個人としては移籍初年度ながらリーグ戦31ゴールをあげる活躍で初のPFA年間最優秀選手賞を受賞した。また受賞後に32ゴール目も決めて、プレミアリーグの得点記録を更新した。

 

 

18/19シーズン

フィルジル・ファン・ダイク(リバプール)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Going in to the international break with a big win against a top City side! #YNWA

Virgil van Dijk(@virgilvandijk)がシェアした投稿 –

CL優勝や、惜しくもリーグ優勝には届かなかったが、リーグ歴代3位の勝点を積み重ねるなど申し分ない成績を残したリバプールのDFリーダーファン・ダイクが圧倒的な成績を残して、文句なしのPFA年間最優秀選手賞を初受賞。また約1年間ドリブルで抜かれていないとして話題になった。

 

 

19/20シーズン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@the_pfa PLAYERS’ PLAYER OF THE YEAR! 👑👏 #mancity #PFAawards #POTY

Manchester City(@mancity)がシェアした投稿 –

チームは2位でリーグ3連覇とはなりませんでしたが、特に怪我もなく満足いくシーズンを過ごせた19/20シーズンは、ティエリ・アンリと並ぶリーグ歴代最多アシスト数(20)を記録するなど、圧倒的なパフォーマンスを披露してクラブ初となるPFA年間最優秀選手賞を受賞しています。

 

以上で今回は、2009年~2020年までの歴代PFA年間最優秀選手賞受賞者を紹介しました。

またその他にもプレミアリーグに関する記事を掲載していますので是非ご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。