【あなたもプレミア通!】プレミアリーグ海外サッカー有名審判まとめ

スポンサーリンク
まとめ

今回は、イングランドプレミアリーグの有名審判員10名を紹介します。

 

1.グラハム・ポール(1993~2007)

1993年から2007年までプレミアリーグで活動した審判で、2002年と2006年のワールドカップも担当。

 

感情的になることも多い審判だが、判定に関しては右に出るものはいないとあのファーガソン監督も認めるほどの実力の持ち主。

 

 

2.マーク・クラッテンバーグ (2004~2017)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Clattenburg, árbitro de la final de Milán en 2016: “En esa final, el Real Madrid se puso 1-0 en la primera parte pero el gol fue en fuera de juego por muy poco. Nos dimos cuenta en el descanso. Era una acción difícil y mi asistente falló” – “Le dije a Pepe: “Vuestro primer gol no debería haber subido al marcador” y se calló. La gente pensará que es raro, porque dos errores no hacen un acierto. Los árbitros no pensamos así, pero los jugadores sí. Sabía que si le decía eso aceptaría la situación. No era nada divertido arbitrarle, tenías que estar vigilando constantemente” – “Pepe estaba rodando por el suelo, actuando. Intentaba que expulsara a algún futbolista del Atlético” – A buenas horas. #Atleti #AupaAtleti #ForzaAtleti #Clattenburg

CREER(@instatleti)がシェアした投稿 –

2014年のUEFAスーパーカップや15/16のチャンピオンズリーグ決勝で主審を務めている。

2017年からサウジアラビアへ移籍。主審や他の審判員の向上職務に携わっている。

 

 

3.ハワード・ウェブ (2003~2014)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🔴🔴🔴Former Premier League referee Howard Webb regrets awarding Manchester United a penalty against Tottenham in 2009👇👇 . “I could see Carrick got there first and then the goalkeeper clattered into him. It was really an easy penalty award. . “I was expecting the usual cursory appeal that you get from the players, not the huge look of absolute astonishment and amazement and incredulousness on the look of Gomes. It was obvious within seconds I’d got the decision wrong. There was something more to this. . “I was left with the decision I had taken with no independent evidence that I’d got it wrong other than a gut feeling, and I was just hoping that Ronaldo would miss the penalty. But he didn’t.” #HowardWebb #MUMUfootball [🗣️:The Athletic] [📷:Getty images]

MUMU Football(@mumufootball)がシェアした投稿 –

UEFAチャンピオンズリーグ決勝とFIFAワールドカップ決勝の両方で主審を務めた名物審判。

2014年に審判員を引退し、指導業を務めている。

 

 

4.マイケル・オリバー (2010~)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

😁😁

Michael Oliver(@michaeloliver._)がシェアした投稿 –

プレミアリーグ主審デビュー最年少記録(25歳)を持つエリート審判。

 

 

5.アンソニー・テイラー (2010~)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Anthony Taylor in his last game before lockdown: PSG – Dortmund. Some great advice from him via link in bio.

Jan from Dutch Referee Blog(@dutchreferee)がシェアした投稿 –

スキンヘッドがトレードマーク。

 

 

6.アンドレ・マリナー (2005~)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Last time Chelsea hosted Arsenal, this happened. #marriner #andremarriner #chelsea #arsenal #cfc #afc #chelseafc #arsenalfc #stamfordbridge #football #futebol #futbol #fotboll #soccer #sepakbola #instagood #instadaily

Squawka Football(@squawkafootball)がシェアした投稿 –

キーラン・ギブスへの間違いレッドカードで有名。

 

 

7.マーティン・アトキンソン (2005~)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Good morning!

Martin Atkinson(@martin.atkinson_)がシェアした投稿 –

2015年EL決勝戦で主審を務めたこともあるベテラン審判。

 

 

8.ジョナサン・モス (2011~)

審判では中々見かけないぽっちゃり体系でお馴染みの審判。

 

 

9.マイク・ディーン (2000~)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mike Dean will referee the Merseyside derby between Everton and Liverpool at Goodison Park, live on Sky Sports. . . #mikedean #skysports #liverpool #everton #goodisonpark #premierleague

MELODY INTERNATIONAL(@melodyinter.com1)がシェアした投稿 –

トッテナムがゴールを決めた際に主審を務めながらもガッツポーズを見せたことで有名。

 

 

10.クレイグ・ポウソン (2013~)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ugh I think i had to use more red cards 🤔🤔 #redcard#chelsea#burnley#fabregas#cahill#craigpawson#manofthematch#cfc#lord#pl#premierleague#antonioconte

Craig pawson(@craigpawson)がシェアした投稿 –

19/20シーズンのビッグロンドンダービー(アーセナル対チェルシー)では、ファールを犯したジョルジーニョにこの日2枚目となるイエローカードを提示せず、疑惑が残った。その後アーセナルが逆転負けしたことからあまりアーセナルファンには好かれていない印象。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。