【2020年度】プレミアリーグ海外サッカー注目必須の有名選手まとめ

まとめ

今回は、2020年度のイングランドプレミアリーグにおいて注目必須な有名選手15人をまとめてみましたので紹介します。

1.アリソン・ベッカー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tough game last night, great character of the team as always!! #ynwa #AB1 🧤💪🏼

Alisson Becker(@alissonbecker)がシェアした投稿 –

クラブリバプール
ブラジル
ポジションGK

2018年にローマ(イタリア)からリバプールに加入すると早速持ち前の安定したセービングと冷静な判断を披露し、すぐさま欠かせない存在に君臨。ブラジル代表としてもエデルソン(マンチェスターC)を差し置いてレギュラーに位置しており、GK版バロンドール初代受賞者でもある。

 

2.フィルジル・ファン・ダイク

クラブリバプール
オランダ
ポジションCB

19/20シーズン鉄壁な守備を誇るリバプールのDFリーダーで、オランダ代表ではキャプテンとしてチームを支える世界最高のCB。

毎試合、圧倒的な存在感で試合を制圧する彼の凄さはデータにも表れており、18/19シーズンでは一度もドリブルを許さないという驚異的なデータを残し、同年にDFとして初のUEFA最優秀選手賞を受賞した。

 

3.トレント・アレクサンダー=アーノルド

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Job done ✅

Trent Alexander-Arnold(@trentarnold66)がシェアした投稿 –

クラブリバプール
イングランド
ポジション右SB

21歳ながら現在クラブと代表でもレギュラーとして出場する世界最高の右サイドバック。

積極的に攻撃に参加し、上質なクロスでアシストを積み重ねる選手で、18/19シーズンのCL準決勝バルセロナ(スペイン)戦では、機転の利いたCKでオリギの逆転ゴールをアシストし、クラブの10年ぶりのCL制覇に貢献した。

 

4.モハメド・サラー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🔴🔴

Mohamed Salah(@mosalah)がシェアした投稿 –

クラブリバプール
エジプト
ポジション右WG

かつてはチェルシーにも在籍しており、そこでは結果が振るわなかったが、2017年に再びイングランドの地に戻ってくると、圧倒的なスピードと強靭なフィジカルで得点を量産し、2年連続でリーグ得点王を受賞するなどプレミア屈指のスコアラーにまで成長した。

エジプト代表としても母国を7大会ぶりのロシアW杯出場に導くなどして、圧倒的な人気を誇り、エジプトの英雄として親しまれている。

 

5.サディオ・マネ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Happy to win @premierleague player of the month November! Thanks to all my teammates,staff and fans💪 YNWA

Sadio Mane(@sadiomaneofficiel)がシェアした投稿 –

クラブリバプール
セネガル
ポジション左WG

サラーと同じく、リバプールでエースを務める点取り屋で、2014年から在籍したサウサンプトンで頭角を現すと、2017年から加入しているリバプールでも不動のエースとして活躍し、18/19シーズンではリーグ得点王を受賞し、2019年にはサラーらを抑えてアフリカ人年間最優秀選手も受賞した。

アフリカ人ならではの無理が効いた身体能力を持ちながら、南米の選手のようなしなやかさも持つ今最も脂がのっている選手。

 

6.セルヒオ・アグエロ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#manchester #manchestercity #mancity 🤟🏽

Sergio Leonel Agüero(@kunaguero)がシェアした投稿 –

クラブマンチェスター・シティ
アルゼンチン
ポジションFW

現在32歳ながら衰えるどころか輝きを増しており、プレミアリーグでも5年連続20得点以上を達成しているマン・シティのレジェンド。

絶妙なポジショニングと強烈なシュート力が持ち味で、クラブが11/12シーズンに初のプレミア優勝を決めた際の劇的ゴールは圧巻そのもの。

 

7.ケビン・デ・ブライネ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Well-deserved win! Thanks for the amazing support 💙

Kevin De Bruyne(@kevindebruyne)がシェアした投稿 –

クラブマンチェスター・シティ
ベルギー
ポジションMF

クラブ歴代最高額で加入したプレッシャーを見事はねのけ、現在はベルギー代表とマンチェスター・シティの重鎮であり、プレミア屈指のチャンスメーカーにまで成長。

正確無比なパスと強烈なシュートで、チームの攻撃面において非常に重要な役割を担う。特に右サイドからの高速クロスは分かっていても止められず、CL準々決勝のトッテナム戦のセカンドレグでは1試合だけで3アシストを記録した。

 

8.ラヒーム・スターリング

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#7 ⚡️

Raheem Sterling x 😇(@sterling7)がシェアした投稿 –

クラブマンチェスター・シティ
イングランド
ポジション左WG

18/19シーズンにイングランド史上初の国内3冠を達成したマンチェスターCのエース。特にこのシーズンは個人成績も良く、プレミアリーグ17ゴール10アシスト、カップ戦を含めると25ゴール16アシストを記録し、FWA(イングランド・フットボール記者協会)の年間最優秀選手賞にも選ばれた。

年齢もまだ25歳とこれからも非常に楽しみな選手として注目を浴びている。

 

次ページ:W杯優勝も経験したクラブの心臓。

タイトルとURLをコピーしました