【19/20プレミア】海外サッカーの10代で注目すべき12選手!

近年の海外サッカーは若手選手の活躍が著しく、中では10代なのにクラブの主力選手として活動して注目を浴びている選手がたくさんいます。

 

そこで今回は、イングランドプレミアリーグのクラブで活動する10代で注目すべきサッカー選手12人を紹介します。

 

1.ハービー・エリオット

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

⚽️

Harvey Elliott(@harveyelliott07)がシェアした投稿 –

生年月日 2003年4月4日(17歳)
クラブ リバプール

2019年の5月にフラムFCでプレミアリーグ最年少出場記録(16歳60日)を更新し、今シーズンからリバプールに加入した2003年生まれの逸材MF。

 

身長は170㎝と小柄だが、スピードとテクニックで得点に絡むレフティーのドリブラーで、現在は主にカップ戦メインの出場で経験を積んでいる。また今シーズンのプレミアリーグも1試合出場しており、将来がもっとも期待されている選手の1人。

 

 

2.カーティス・ジョーンズ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

New Kid On The Kop !🔴 this shoot was 🔥🔥💫for @JDOfficial and @Nike for our new kit launch. Coming soon 😉👀

Curtis Jones(@curtisjr)がシェアした投稿 –

生年月日 2001年1月30日(19歳)
クラブ リバプール

リバプールからもう1人注目してほしいのがアカデミー出身の天才MFカーティス・ジョーンズ。各年代のイングランド代表にも選ばれており、そこでは10番もつける。またユースチームではキャプテンマークを巻くなど、リーダーシップもある。

 

相手の狭い守備網をかいくぐることが出来るテクニシャンで、針の穴を通すようなパスでチャンスを演出する。またシュートも積極的に打ちにいき、カップ戦のエバートン戦ではイングランド代表GKピックフォードに対して、華麗なミドルシュートを叩き込み勝利に貢献するなど、実力も申し分なく来シーズン辺りから本格的に出場機会が増えるだろうと予想される。

 

 

3.エリック・ガルシア

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Great to get a win on the last Premier game of @david21lva, also congrats to @kevindebruyne for the assist record and @ederson93 for the golden glove!💪🔵

Eric Garcia Martret(@ericgm3)がシェアした投稿 –

生年月日 2001年1月9日(19歳)
クラブ マンチェスター・シティ

現在19歳ながらマンチェスター・シティのトップチームで定期的に出場する期待の新星DF。CBの層が薄いシティの貴重な戦力として今シーズンCLもデビューした。

 

かつて在籍していたバルサアカデミーでは、カンテラの最高傑作との呼び声もあったほどの逸材で、グアルディオラ監督も期待を寄せており、これからどんどん出場機会が増えていくことが予想される。

 

 

4.トロイ・パロット

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Back In training 😁

TP(@troyparrott9)がシェアした投稿 –

生年月日 2002年2月4日(18歳)
クラブ トッテナム

スパーズファン期待のアカデミー育ちの将来のケイン候補。2002年生まれの18歳で、17歳からトップチームに昇格するとその後はカップ戦を中心に出場しており、プレミアリーグデビューも経験済みなどモウリーニョ監督もかなりの期待をかけていることが分かる。

 

ボールをおさめる力があり、18歳とは思えないゴール前の落ち着きぶりで主にポストプレーを得意とする。フィニッシュ能力を高めればさらに出場機会も増えるだろうと予想される。

 

 

5.カラム・ハドソン=オドイ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2020/2021…🔥

Callum Hudson-Odoi(@calteck10)がシェアした投稿 –

生年月日 2000年11月7日(19歳)
クラブ チェルシー

バイエルン(ドイツ)が最後までオファーを出し獲得を諦めなかった逸材ウインガー。爆発的なスピードと柔軟なタッチで個人技を得意とするアザールの後継者。

 

現在19歳ながらイングランド代表出場経験もあり、将来のスリーライオンズのエースとしても期待されている。

今シーズン途中に怪我から復帰すると、そこから主力選手として本格的に出番を増やしはじめ、結果もだんだんと表れ始めてきており、22節にはプレミア初ゴールをマークするなど勢いに乗っている選手。

 

 

6.ビリー・ギルモア

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Good to get that match day feeling again⚽️💪🏼

B C G(@billygilmourrr)がシェアした投稿 –

生年月日 2001年6月11日(18歳)
クラブ チェルシー

スコットランドが生んだ天才MF。アンカーのポジションからゲームを組み立てる舵取り役で、広い視野と秀でたパスセンスが武器。

 

すでに今シーズンプレミアデビューも果たしており、周りと遜色ないパフォーマンスを披露した。

 

特に圧巻だったのがFAカップでのリバプール戦でこの日レギュラーとして出場すると、ほぼ100%のパフォーマンスを披露し、マン・オブ・ザ・マッチを獲得する活躍ぶりをみせた最も将来が楽しみな選手の1人。

 

 

7.メイソン・グリーンウッド

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Var😡 semi finals here we come @manchesterunited ❤️

Mason Greenwood(@masongreenwood)がシェアした投稿 –

生年月日 2001年10月1日(18歳)
クラブ マンチェスター・ユナイテッド

現在18歳ながらマンチェスター・ユナイテッドの主力選手として活躍している超新星FW。

 

2019年3月にトップチームデビューを飾ると、同年9月にヨーロッパリーグのアスタナ戦で待望の初ゴールを決め、17歳353日でのゴールは欧州カップ戦でのクラブ史上最年少ゴールとなった。

プレースタイルは華麗な身のこなし、ゴール前での冷静な判断力がずば抜けており、レフティーということもありクラブOBのファン・ペルシーに例えられることが多い。

 

監督のスールシャールも「いずれ完璧なストライカーになるだろう」と太鼓判を押している。

 

 

8.ブランドン・ウィリアムズ

生年月日 2000年9月3日(19歳)
クラブ マンチェスター・ユナイテッド

ルーク・ショーの怪我で急遽やってきたチャンスを堂々たるパフォーマンスで見事ものにし、そこから積極的に起用され、ビッグマッチに出場することも多い。

 

ガッツ溢れるプレーで球際が激しく、プレミアリーグ13節のシェフィールド・U戦では綺麗にボールの弾道に合わせて公式戦初ゴールを決めるなどチームの同点に貢献した。

 

 

9.ジェームズ・ガーナー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Home debut❤️ Knockout stages here we come !!!!🤘🏼

James Garner(@jgarnerr96)がシェアした投稿 –

生年月日 2001年3月13日(19歳)
クラブ マンチェスター・ユナイテッド

8歳からクラブでプレーする2001年生まれのアカデミー生え抜きMF。2018年にプロ契約をすると2019年2月のクリスタル・パレス戦でトップチームデビューを飾った。

 

アンカーの位置から広い視野で一気にチャンスを演出するプレーメーカーでクラブOBのマイケル・キャリックと度々照らし合わされる。

今シーズンから着実に出場機会を増やし、将来を期待されている注目株の1人。

 

 

10.ブカヨ・サカ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Gods Child 👶🏾

God’s Child 😇(@bukayosaka87)がシェアした投稿 –

生年月日 2001年9月5日(18歳)
クラブ アーセナル

昨シーズンのプレミアリーグで21世紀生まれの選手として初めて出場したユース出身の逸材。

 

元々MFの選手だが、主力選手の負傷離脱により急遽SBにコンバートされると持ち前のボールスキルと上質なクロスが、チームスタイルにフィットし躍動。それ以降、ガナーズの重要な選手として出場しており、だんだんとイングランドフル代表にも現実味が帯びてきている。

 

 

11.ガブリエウ・マルティネッリ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

I can’t wait to be back on the pitch again ⏳❤️

Gabriel Martinelli(@ga_martinelli01)がシェアした投稿 –

生年月日 2001年6月18日(18歳)
クラブ アーセナル

爆発的なスピードを生かしたドリブルで相手DFを破壊し、ゴール前でも冷静さと決定力を持つ、18歳ながらすでにアーセナルの強力攻撃陣の一角を担うFWの選手。

特にプレミア23節チェルシー戦での約70mにも渡るドリブルからのゴールは圧巻だった。

 

 

12.ジョアン・ペドロ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Grande estreia, parabéns a todos os envolvidos!! Seguimos 👊🏽🐝

João Pedro(@joaaopedro.oficial)がシェアした投稿 –

生年月日 2001年9月26日(18歳)
クラブ ワトフォード

ワトフォードが今冬に獲得したアタッカーで、将来ブラジル代表を背負うと期待されている逸材。

ボールを持つと持ち前のスピードで果敢に仕掛け得点力もあるブラジル人らしい選手でレイニエル(レアル・マドリー)やマルティネッリらともよく比較される。