【南野拓実も?】FIFA21固有フェイス予想のプレミア注目選手まとめ!

スポンサーリンク
FIFA21

大人気サッカーゲームのFIFAシリーズでは現在FIFA20まで発売されており、順調に行けば今年も最新作となるFIFA21が販売されるだろうとみられています。

 

このFIFAゲームは、実際の選手にフェイススキャンを実施しており、ゲーム内の選手の顔がとても似ていること(固有フェイス)が人気の理由の1つとして挙げられます。

 

もちろん、全員がフェイススキャンを通せるわけではないので、全く顔が似ていない選手も存在するのですが、プレミアリーグはトップリーグということもあり、幅広い選手たちが固有フェイスになっています。なので、プレミアに移籍してきた選手はすぐに固有フェイスになるという特徴があります。

 

そこで今回は、FIFA21から固有フェイスになる確率が高い注目8選手を紹介します。

南野拓実 / Takumi Minamino

ザルツブルク(オーストリア)所属時代に、アンフィールドで1ゴール1アシストと決定的な仕事をみせつけ、選手ともどもの推薦で加入した南野拓実。南野は現在固有フェイスではないが、おそらくFIFA21で固有フェイスになるだろうと予想される。

 

 

ブルーノ・フェルナンデス / Bruno Fernandes

スポルティング(ポルトガル)で大暴れした天才が初のプレミアに参戦。すでにFIFA20のレーティング(初期値)も85と高く、FIFA21から固有フェイスになると予想される。

 

 

ステフェン・ベルフワイン / Steven Bergwijn

現在22歳のオランダ代表逸材アタッカー。前所属のPSV(オランダ)では堂安律ともプレーしていた。加入後、早速マンチェスター・C戦でゴールをあげるなど躍動している。

 

 

パブロ・マリ / Pablo Mari

フラメンゴ(ブラジル)でコパ・リベルタドーレスとブラジルリーグの2冠に貢献したDF。買い取りオプション付きのレンタルでの加入となるので、クラブが買い取りを行使したらFIFA21から固有フェイスの確率が高くなると予想される。

 

 

ジブリル・シディベ / Djibril Sidibe

今シーズンから買い取りオプション付きのレンタルでエバートンに加入したフランス代表DF。こちらも買い取りを行使すれば、FIFA21から固有フェイスになるだろうと予想される。

 

 

ダニエル・ポデンセ / Daniel Podence

今冬にオリンピアコス(ギリシャ)から加入したポルトガル代表のアタッカー。背番号は10番を背負い、主力選手として活動する。

 

 

サンデル・ベルゲ / Sander Berge

今冬からクラブ史上最高額でシェフィールド・Uに加入したノルウェーの逸材。リバプールなども狙っており、伊東純也の元チームメイトでもある。

 

 

アレクシス・マク・アリステル / Alexis Mac Allister

アルゼンチン代表経験もある21歳MFで、今冬にブライトンに加入し、背番号も10番を任されているなど最も注目されている選手の1人。

 

 

ムブワナ・サマッタ / Mbwana Samatta

ベルゲと同じくヘンク(ベルギー)から加入したプレミア初のタンザニアプレイヤー。彼の獲得に約1200万€つぎ込んだといわれており、期待していることが分かる。恐らくFIFA21から固有フェイスになるだろう。