【2020年度】イングランドプレミアリーグのサッカー選手市場価値ランキングTOP20を発表!

スポンサーリンク
まとめ

20位:ガブリエウ・ジェズス

市場価値:€70m(約82億円)

マンチェスター・シティ所属 / ブラジル代表 / 23歳

クラブでは変わらずFWの2番手に位置しているが、それでも出場時のパフォーマンスは安定しており、1番手のアグエロとも大した差はなく指揮官のペップからの信頼も厚い。

 

 

19位:エメリク・ラポルテ

市場価値:€75m(約87億円)

マンチェスター・シティ所属 / フランス代表 / 25歳

17/18シーズンの冬に加入した左利きのCB。かねてよりペップが熱望していただけあり、安定したパフォーマンスでDFラインを統率する。

 

 

18位:ソン・フンミン

市場価値:€80m(約93億円)

トッテナム所属 / 韓国代表 / 27歳

ここ2年で評価急上昇中の韓国人アタッカー。スパーズでもケインらと並び、絶対的選手として君臨し、史上最高のアジア人プレイヤーとの呼び声も高い。

 

 

17位:デレ・アリ

市場価値:€80m

トッテナム所属 / イングランド代表 / 23歳

現在23歳ながら圧倒的なパフォーマンスで評価を上げているMFの選手。ケインやソン・フンミンらと並び、欠かせない選手の1人。

 

 

16位:アンドリュー・ロバートソン

市場価値:€80m

リバプール所属 / スコットランド代表 / 26歳

17/18シーズンにリバプールに加入するとそこから一気にスター街道を歩んだDFの選手。2020年現在、左SBナンバー1プレイヤーとの呼び声も高い。

 

 

15位:マーカス・ラッシュフォード

市場価値:€80m

マンチェスター・ユナイテッド所属 / イングランド代表 / 22歳

クラブ生え抜きの逸材で歴史ある10番を背負うアタッカー。強烈なシュート力を持っており、クラブのレジェンド、ルーニーのようになれると期待されている。

 

 

14位:ロドリ

市場価値:€80m

マンチェスター・シティ所属 / スペイン代表 / 23歳

19/20シーズンからマンチェスター・Cに加入しているクラブ待望のアンカー。フェルナンジーニョがCBにコンバートしたこともあり、早速スタメンを勝ち取り、安定したプレーを披露している。

 

 

13位:アリソン

市場価値:€90m(約105億円)

リバプール所属 / ブラジル代表 / 27歳

リバプールの長年抱えていたGK問題を解決した男。ブラジル代表でも正守護神を務めており、GK版のバロンドール初代受賞者。

 

 

12位:ロベルト・フィルミーノ

市場価値:€90m

リバプール所属 / ブラジル代表 / 28歳

仲間にお膳立てが得意な偽9番タイプでもありながら、自身でもコンスタントに得点を記録する万能型FW。

 

 

11位:ポール・ポグバ

市場価値:€100m(約117億円)

マンチェスター・ユナイテッド所属 / フランス代表 / 27歳

MFながらコンスタントに得点も挙げるクラブでも代表でも重要な存在。髪型にかなりのこだわりがあることでも有名。

 

 

10位:ファン・ダイク

市場価値:€100m

リバプール所属 / オランダ代表 / 28歳

すべてを兼ね備えた万能型DF。特に18/19シーズンは圧倒的なパフォーマンスでDFとして初のUEFA最優秀選手賞を受賞。

 

 

9位:レロイ・ザネ

市場価値:€100m

マンチェスター・シティ所属 / ドイツ代表 / 24歳

爆発的なスピードを持つウインガー。スタメン争いが激しいマンチェスター・Cにおいても重要な戦力の1人で着実に得点を重ねる。

 

 

8位:エヌゴロ・カンテ

市場価値:€100m

チェルシー所属 / フランス代表 / 29歳

試合終盤でも衰えを見せず、無尽蔵なスタミナを持つアンカー。守備に特化した選手だが、重要な試合での得点も多く直接勝利に貢献することも多い。

 

 

7位:ベルナルド・シルバ

市場価値:€100m

マンチェスター・シティ所属 / ポルトガル代表 / 25歳

モナコ(フランス)で活躍し、2017年にマンチェスター・Cに移籍するとここでも才能を発揮し、見事スタメンの座を勝ち取る。またポルトガル代表では10番を背負っている。

 

 

6位:トレント・アレクサンダー=アーノルド

市場価値:€110m(約128億円)

リバプール所属 / イングランド代表 / 21歳

積極的に攻守に顔を出し、上質なクロスでアシストを積み重ねる。現在21歳ながら世界ナンバー1右SBの呼び声も高い。

 

 

5位:ケビン・デ・ブライネ

市場価値:€150m(約175億円)

マンチェスター・シティ所属 / ベルギー代表 / 28歳

怪我をしやすく、離脱することも多いが、出場する試合では必ずと言っていいほどインパクトを残す。キック精度が素晴らしく、アシストが得意。チェルシーに在籍していた過去もある。

 

 

4位:ハリー・ケイン

市場価値:€150m

トッテナム所属 / イングランド代表 / 26歳

スパーズとイングランド代表の絶対的エース。高い決定力を誇り、また多彩なフィニッシュパターンも持つストライカー。

 

 

3位:モハメド・サラー

市場価値:€150m

リバプール所属 / エジプト代表 / 27歳

強靭なフィジカルと爆発的なスピードで得点を量産するウインガー。多少エゴイストな部分もあるが、彼の得点数を見ると仕方ないとしかいいようがない。

 

 

2位:サディオ・マネ

市場価値:€150m

リバプール所属 / セネガル代表 / 27歳

サラーと同じくリバプールの攻撃を引っ張る快速ウインガー。守備にも貢献する選手で2019年のアフリカ人年間最優秀選手にも選ばれている。

 

 

1位:ラヒーム・スターリング

市場価値:€160m(約187億円)

マンチェスター・シティ所属 / イングランド代表 / 25歳

ペップの下、急成長を遂げたスターリングがプレミアリーグの選手の中で最も市場価値が高い選手となった。これは世界全体の市場価値で見てもエムバペ(パリSG)の次に高い市場価値となっている。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

参照元:transfermarkt.com