かつてサウサンプトンに所属し、現在は誰もが知っているスター選手となった4選手

スポンサーリンク
サウサンプトン

現在イングランド1部のプレミアリーグに所属しているサウサンプトンは、吉田麻也選手や李忠成選手も在籍していた過去があるなど日本人も知っている人が多いクラブです。更にこのクラブにはもう1つ特徴があり、多数のスター選手を生むクラブとしても有名です。

 

そこで今回は、かつてサウサンプトンに所属していたスター選手を紹介します。

ファン・ダイク

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Well well that was eventful! 😅 Loads of things that we could take from the game, postive and negative. Glad to get the win and contribute with my first goal of the season! 😄

Virgil van Dijk(@virgilvandijk)がシェアした投稿 –

現在リバプール所属のファン・ダイクがセインツ(サウサンプトンの愛称)にいた事はとても有名です。彼のパフォーマンスはセインツ時代からずば抜けており、リバプールに移籍した際の移籍金は当時のDF史上最高額で約7500万ポンドといわれています。

 

レッズ(リバプールの愛称)に移籍してからは更にパフォーマンスに磨きがかかり、DFリーダーとして圧倒的なパフォーマンスを見せつけ、18/19シーズンのプレミアリーグでPFA年間最優秀選手賞を受賞しました。この賞はDFが受賞するのがとても難しく、前回DFが受賞した年は、ジョン・テリーが受賞した04/05シーズンなので14年ぶりの快挙となりました。

 

 

ドゥシャン・タディッチ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

6 out of 2! Great start of the season so far! 👊 #ajarkc

Dušan Tadić(@dt10_official)がシェアした投稿 –

現在アヤックス(オランダ)に所属するタディッチも2014年から2018年の4年間サウサンプトンでプレーしています。セインツ時代から攻撃センスに長けてはいたものの、中々チームとしては機能せずという中で、2018年にアヤックスに移籍すると、自身のプレースタイルとチームスタイルがフィットし、初年度から34ゴール19アシストと大暴れしました。

 

この活躍によりリーグ得点王とアシスト王の個人タイトル2冠を達成。またチームもリーグ優勝とカップ優勝の2冠、さらにチャンピオンズリーグでは、当時3連覇中だった絶対的王者レアル・マドリー(スペイン)戦で1ゴール2アシストという大活躍を見せ、勝利に貢献。チームはベスト4に進出するなど、主力選手として大きく貢献し、スター選手の仲間入りを果たしました。

 

 

ガレス・ベイル

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

+3 💪🏼👍🏼

Gareth Bale(@garethbale11)がシェアした投稿 –

現在レアル・マドリーに所属するベイルが、かつてトッテナムに所属していた事は多くの方が知っているでしょうが、彼のプロキャリアのスタートがセインツという事は知らなかった方も多いのではないのでしょうか。

 

06/07シーズンにセインツでプロデビューすると、当時16歳ながら圧倒的なパフォーマンスで主力選手として活躍しました。そのパフォーマンスもあって、翌シーズンにスパーズに移籍することになり、わずか1シーズンしか在籍していないのですが、その後スパーズではトップ下で才能を開花させ、PFA年間最優秀選手賞を2度受賞、レアル・マドリーではクラブのUEFAチャンピオンズリーグ3連覇に主力選手として貢献し、スター選手となった彼の基礎を作りこんだクラブは他でもないサウサンプトンです。

 

 

サディオ・マネ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Eid Mubarak ❤️🙏

Sadio Mane(@sadiomaneofficiel)がシェアした投稿 –

現在、リバプールで大暴れの彼もかつてはサウサンプトンでプレーしていました。当時クラブ史上最高額の1500万ユーロで加入したセインツでは、67試合で21ゴールと期待以上のパフォーマンスを魅せました。更に3分間でハットトリックを達成し、プレミアリーグ最速ハットトリック記録も持っています。そして2016年に活躍の場をレッズに移すと、2017年にクラブ年間最優秀選手、18/19シーズンにはプレミアリーグ得点王にも輝くパフォーマンスをみせ、現在も世界有数のトッププレイヤーになっています。