19/20プレミア選手年俸TOP8!一位の選手の週給はなんと約5000万円!

スポンサーリンク
アーセナル

毎年白熱した戦いを演じ、盛り上がりをみせるイングランド・プレミアリーグ。このリーグの特徴の1つは、なんといっても各クラブの莫大な資金力だろう。

 

そこで今回は、イングランド・プレミアリーグに所属する選手たちはどれほどお金を貰っているのか年俸ランキングTOP8を紹介する。(2020年3月30日現在) 参照元:spotrac

【関連記事】「19/20シーズンのプレミアリーグで最もお金を貰っている監督TOP4【年俸ランキング】

8位:ダビド・シルバ

年俸:1144万ポンド(週給:22万ポンド)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Thank you @premierleague ! It’s been a hell of a ride 😍💙

David Silva(@david21lva)がシェアした投稿 –

8位にランクインしたのは、今シーズン限りでマンチェスター・シティを退団することを発表しているダビド・シルバで年俸は1144万ポンドを貰っている。これを日本円に換算すると約15億2400万円で週給約2930万円稼いでいることになる。

 

 

7位:セルヒオ・アグエロ

年俸:1196万ポンド(週給:23万ポンド)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#manchester #manchestercity #mancity #puma #premierleague #pumafootball

Sergio Leonel Agüero(@kunaguero)がシェアした投稿 –

7位にランクインしたのが、同じくマンチェスター・シティ所属のアルゼンチン代表セルヒオ・アグエロ。マン・シティの大エースは、年に1196万ポンド稼いでおり、日本円にすると約15億9300万円貰っていることになり、週給にすると約3060万円受け取っていることになる。

 

 

6位:アンソニー・マルシャル

年俸:1300万ポンド(週給:25万ポンド)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Well done guys 👊🏾 Thanks my bro for the assist 🤜🏾🤛🏾 @marcusrashford #godisgreat

Anthony Martial(@martial_9)がシェアした投稿 –

6位にランクインしたのが、マンチェスター・ユナイテッド所属のフランス人FWアンソニー・マルシャルだ。シルバやアグエロより貰っているのは少々意外だが、彼は年に約17億3200万円貰っており、週給にすると約3300万円も稼いでいることになる。

 

 

5位:ポール・ポグバ

年俸:1508万ポンド(週給:29万ポンド)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

On to the quarter-finals 💪🏾

Paul Labile Pogba(@paulpogba)がシェアした投稿 –

5位にランクインしたのが、こちらも同じくマンチェスター・ユナイテッド所属のフラン代表MFポール・ポグバ。最近は負傷が多くあまりピッチで見ることが出来ないが、年に約20億1100万円受け取っており、週給にすると約3800万円稼いでることになる。またレアル・マドリーやユベントスが狙っているという情報もあり、残留させるためにクラブはより高額な年俸を用意する可能性もある。

 

 

4位:ラヒーム・スターリング

年俸:1560万ポンド(週給:30万ポンド)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Always more 🚀⚽️

Raheem Sterling x 😇(@sterling7)がシェアした投稿 –

4位にランクインしたのが、マンチェスター・シティ所属のイングランド代表FWラヒーム・スターリング。このところ輝きを増すラヒームは、年俸もそれなりに貰っており、約20億8100万円貰っている。これを週給にすると約4000万円も稼いでいることになる。

関連記事:イングランド史上初の3冠の立役者「ラヒーム・スターリング」とは何者か?【徹底解説】

 

 

3位:ケビン・デ・ブルイネ

年俸:1820万ポンド(週給:35万ポンド)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Impressive win 🔥🔥🔥

Kevin De Bruyne(@kevindebruyne)がシェアした投稿 –

3位にランクインしたのが、これまたマンチェスター・シティ所属のベルギー代表MFでいまやプレミアリーグを代表する選手の1人にまで成長したケビン・デ・ブルイネとなった。彼はマンチェスター・シティで最も高給取りの選手となっており、その額はなんと年に約24億2700万円を稼いでいる。これを週給にすると約4600万円も受け取っていることになる。

 

 

3位:メスト・エジル

年俸:1820万ポンド(週給:35万ポンド)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Season prep is 🔛⚽ #M1Ö #YaGunnersYa @arsenal

Mesut Özil(@m10_official)がシェアした投稿 –

3位にしてようやくマンチェスター勢以外の選手がランクイン。こちらはアーセナル所属のメスト・エジルでデ・ブライネと同じく年に約24億2700万円を稼いでいる。シーズン始めのときに前監督のエメリに干され、放出の噂もあったものの新監督のアルテタになってからは定位置を取り戻し、再び重要な選手であることを示している。

 

 

1位:ダビド・デ・ヘア

年俸:1950万ポンド(週給:37万5000ポンド)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

399 games! Sorry @pschmeichel1 😉 But it’s an honour to overtake a legend like you 🔴

David De Gea(@d_degeaofficial)がシェアした投稿 –

1位は、やはり資金力溢れるマンチェスター・ユナイテッド所属の選手でスペイン代表の絶対的守護神ダビド・デ・ヘアが選ばれた。9年目となるクラブで数々のピンチを凌ぎ、長年低迷していたクラブで1人だけ別レベルのプレーを披露していたデ・ヘアの年俸は、約26億円も貰っており、週給にすると約5000万円も稼いでいることになる。これは驚異の額ではあるが、彼の長年のパフォーマンスから見ると妥当な額なのかもしれない。

 

今回プレミアリーグの選手の年俸TOP8を紹介してみたが、8人中7人がマンチェスター勢と資金力の差が忠実に表れる結果となった。果たして来シーズンはこの8人の中から食い込む人物が現れるのか是非注目したい。