東京で見れるかもしれないプレミア注目8選手【オリンピック】

スポンサーリンク
注目選手
Brasília - A Seleção Brasileira enfrenta o Iraque pela primeira fase do futebol olímpico, no Estádio Mané Garrincha (Marcelo Camargo/Agência Brasil)Brasília

出場国もほぼ決まり、ますます楽しみになってきた東京五輪。

 

東京五輪の参加資格は23歳以下の選手(厳密には1997年1月1日以降に生まれた選手)となっているが、世界にはすでに23歳以下ながら大活躍している選手が多数いる。

 

イングランドプレミアリーグもその中の1つで、イングランド代表は出場しないもののその他の選手たちの中には、東京五輪に特別な思いを持っている選手もいるはず。

 

そこで今回は東京五輪で見れるかもしれないイングランドプレミアリーグに所属する注目8選手を紹介。

 

注目選手!

ガブリエウ・ジェズス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Deixa o “maloca” sonhar… 💭 #alômãe #gratidão #doperi #City

Gabriel Jesus(@dejesusoficial)がシェアした投稿 –

ブラジル
クラブ マンチェスター・シティ
生年月日 1997年4月3日生まれ

スピードとテクニックを兼ね備えている万能型FWで、前線ならどこでも器用にこなすユーティリティ性も持つジェズスは、マン・シティで9番を背負っており、エースアグエロの控えながら出場すると劣らない存在感を見せつけ、指揮官ペップも厚い信頼を見せている。

 

すでにセレソンフル代表の主力選手であるが、そんな彼もまだ22歳でオーバーエイジ枠に入らない彼は相当貴重な選手。

 

また、前回のリオデジャネイロ五輪でも優勝を経験している分、もし選ばれることになったならかなり重要な戦力になるだろう。

 

 

ガブリエウ・マルティネッリ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

I can’t wait to be back on the pitch again ⏳❤️

Gabriel Martinelli(@ga_martinelli01)がシェアした投稿 –

ブラジル
クラブ アーセナル
生年月日 2001年6月18日生まれ

爆発的なスピードを生かしたドリブルで相手DFを破壊し、ゴール前でも冷静さと決定力を持つ18歳ながらすでにアーセナルの強力攻撃陣の一角を担うFWの選手。

 

本来彼の年齢なら次のオリンピックに参加するのが一般的だが、近年の目立った活躍から彼の招集はほぼ確実。しかし問題はクラブ側がそれを容認するか。

 

 

マテオ・ゲンドゥージ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Emirates on Fire 🔥🔥🔥🔥 Never give up Gunners💪🏽💪🏽💪🏽 #Arsenal #COYG

Matteo Guendouzi(@matteoguendouzi)がシェアした投稿 –

フランス
クラブ アーセナル
生年月日 1999年4月14日生まれ

昨シーズンにアーセナルに加入すると、すぐさま主力選手に定着し、フランスフル代表にも初選出されるなど一気にスター選手の仲間入りを果たしたアフロヘア―がトレードマークの20歳MF。

 

攻撃では前線に鋭いパスを突き刺しチャンスを演出し、守備では豊富な運動量で幅広いエリアをカバーするなど攻守に貢献ができる選手でこちらも招集はほぼ確実だが、クラブ側が容認するかがカギとなっている。

 

 

ファン・フォイ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Juan Foyth(@juanfoyth)がシェアした投稿

アルゼンチン
クラブ トッテナム
生年月日 1998年1月12日

スピードを生かした対人守備とパス精度に長けており、すでにアルゼンチンフル代表にも選出されている。

 

本職はCBだが、SBもそつなくこなし、コパアメリカでは右SBでスタメンを任されるなどユーティリティ性も持つ。恐らくフォイも順当に選出されるだろう。

 

 

リシャーリソン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

128 years since the first match on our main stage. I 💙 Goodison Park 😁🙏🏾

Richarlison(@richarlison)がシェアした投稿 –

ブラジル
クラブ エバートン
生年月日 1997年5月10日

所属先のエバートンでは、2トップの1角を担い、持ち前のスピードとフィジカルでプレミアリーグの屈強なDF達を翻弄するアタッカーで、ときおり魅せる足技もブラジル人らしいものを持っている。

 

すでにセレソンのフル代表にも定着しており、母国開催となったコパアメリカでは主力選手として貢献し、東京五輪も順当に選出されるだろうが、クラブにとって非常に重要な戦力の為、容認するかは非常に難しい状況となっている。もし容認してくれたら東京で素晴らしいプレーを魅せてくれるのは確かだろう。

 

 

アレクシス・マク・アリステル

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ale Mac Allister(@alemacallister)がシェアした投稿

アルゼンチン
クラブ ブライトン
生年月日 1998年12月24日

冬にアルゼンチンの名門ボカ・ジュニアーズから加入したアルゼンチンフル代表経験もあるMF。

 

視野が広く中盤の位置から味方に決定的なパスを出せる選手で強烈な直接FKも持つ。

アルゼンチン代表指揮官は「東京五輪に全力を出す」と宣言しており招集は既定路線と思われる。

 

 

サプライズもあるか?

モハメド・サラー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mohamed Salah(@mosalah)がシェアした投稿

エジプト
クラブ リバプール
生年月日 1992年6月15日生まれ

現在プレミアリーグの得点王を2シーズン連続受賞中と絶好調なサラーはすでに27歳と年齢基準を超えてしまっているが、代表指揮官がオーバーエイジで招集することを断言しており、もしかすると東京でエジプトの英雄が観れるかもしれない。

 

しかし、リバプール指揮官のクロップは大変重要な戦力となっているサラーの招集に応じる気はなく、「サラーが希望しているならば話し合いを持つ」とまで言っているので、可能性は低いと見た方が良さそう。