FIFA20プレミアリーグ最高の「GK」TOP10!

スポンサーリンク
FIFA20

大人気サッカーゲームのFIFA20は、頻繁にアップデートを実施しており、選手の現実のパフォーマンスに伴って、レーティングも変動するなど、素早い対応を見せます。

 

そこで今回は、3月14日時点での「イングランドプレミアリーグ最高のGK」をレーティング順に並べたTOP10を紹介します。

【関連記事】:【1位はファン・ダイク!】FIFA20「プレミアリーグ最高のDF」TOP10!FIFA20「プレミアリーグ最高のFW」TOP10!

 

10位:ジョーダン・ピックフォード / Jordan Pickford

所属 エバートン
年齢 25
レーティング 81

イングランド代表の正守護神も務めるピックフォードは、最近の低調なパフォーマンスが反映され、レーティングが81と落ちていますが、キック87反射神経85は、相変わらず素晴らしい能力を持っており、非常に頼りになります。

 

 

9位:ウカシュ・ファビアンスキ / Lukaz Fabianski

所属 ウェストハム
年齢 34
レーティング 82

34歳になっても、反射神経を生かしたセーブでハマーズの数々のピンチを守るファビアンスキは、FIFA20でも反射神経が84と素晴らしい数字を誇っています。

 

 

8位:カスパー・シュマイケル / Kasper Schmeichel

所属 レスター・シティ
年齢 32
レーティング 83

安定したセービングでピンチを救い、レスターの躍進を支えるシュマイケルは、その活躍が反映され、レーティングが83になっています。

 

 

8位:ルイ・パトリシオ / Rui Patricio

所属 ウルヴァーハンプトン
年齢 31
レーティング 83

ポジショニング、キャッチ力、反射神経と、どれも安定しており、ウルブスの快進撃を支えるルイ・パトリシオ。

その活躍がFIFA20にも反映され、レーティングは83となっています。

 

 

8位:ケパ / Kepa

所属 チェルシー
年齢 24
レーティング 83

セーブ率が低いなど、低調なパフォーマンスが続いているケパは、評価を落とし一時85まであったレーティングが、3月14日現在では83まで落としています。

 

 

5位:ベルント・レノ / Bernd Leno

所属 アーセナル
年齢 27
レーティング 84

安定したセービングで、好調なパフォーマンスを見せ、ガナーズの不動の守護神になっているレノは、レーティングも84と伸びています。

 

 

4位:ウーゴ・ロリス / Hugo Lloris

所属 トッテナム・ホットスパー
年齢 32
レーティング 87

フランス代表の正守護神も務めるロリスは、最近の低調なパフォーマンスが反映され、レーティングを87と1つ落としていますが、反射神経が90と、素晴らしい数字を誇っています。

 

 

3位:ダビド・デ・ヘア / David De Gea

所属 マンチェスター・ユナイテッド
年齢 28
レーティング 88

全盛期の時よりは、ミスも目立つようになってきた印象ですが、相変わらずシュートストップは素晴らしく、FIFA20でも反射神経が91と高く評価されています。

 

 

3位:エデルソン / Ederson

所属 マンチェスター・シティ
年齢 25
レーティング 88

エデルソンは、反射神経を生かしたシュートストップも素晴らしいのですが、キック能力も素晴らしく、最後方からFWに正確なパスを出して、攻撃にも貢献します。

FIFA20でもキック能力は、評価されており、キック93と素晴らしい数字を誇っています。

 

 

1位:アリソン / Alisson

所属 リバプール
年齢 26
レーティング 90

1位は、安定としたパフォーマンスでレーティングを90という大台に乗せたブラジル代表の正守護神アリソン。

アリソンは、欠点がなく、FIFA20の評価でもゴールキーパーに関する能力がすべて85以上という素晴らしさを誇ります。

 

※ちなみにGK全体の1位は、アトレティコ・マドリーに所属するオブラクでレーティングは91となっています。全体ではアリソンは、オブラクに次ぐ2番目のレーティングとなっています。