19/20プレミア前半戦のMVP、最優秀監督などを個人的な目線で選出してみた

スポンサーリンク
19/20シーズン前半戦

19/20シーズンのイングランドプレミアリーグ前半戦の最優秀チーム、MVP、最優秀監督、サプライズだった選手を個人的な目線で選出してみたので紹介します。

また「プレミアリーグ前半戦の個人的ベストイレブン」も掲載しているので是非ご覧ください。

最優秀チーム

リバプール

前半戦の最優秀チームは、間違いなくリバプールだろう。

サラー、マネ、フィルミーノの攻撃トリオの得点力も魅力だが、特に守備が安定しており、プレミアリーグ前半戦で複数失点した試合は、1試合のみという驚異的なDFをみせている。

前半戦の成績は18勝1分と圧倒的な結果で、2位との勝点もかなり突き放しており、すでにプレミアリーグ優勝も濃厚とみられている。

 

 

MVP

ファン・ダイク / リバプール

前半戦のMVPは、圧倒的な結果を残し、首位に立つリバプールのDF、ファン・ダイクを選出。

先述した通り、今シーズンのリバプールは守備がもの凄く安定しており、その中でDFリーダーとなるファン・ダイクは、1対1、競り合い、球際、ロングフィードなどほぼ全てを兼ね備えており、さらに攻撃ではセットプレーのターゲットとなり、得点にも絡み、ますます存在感を示している。

 

 

最優秀監督

ブレンダン・ロジャース / レスター

前半戦、ビッグ6を凌いで、3位に位置付けたレスターの快進撃を支えた監督、ブレンダン・ロジャースを最優秀監督に選出。

かつてリバプールを指揮し、優勝まであと1歩とまで迫った監督が、再びプレミアで確かな実力を発揮。

昨シーズンの後半戦から指揮を執り、貫いてきたポゼッションサッカーがようやく威力を発揮し、最後にヴァーディ―で仕留めるという一連の流れも出来つつある。

この調子で進み、CL出場権を獲得できれば、監督として満点の仕事を果たしたといえる。

 

 

サプライズだった選手

ブカヨ・サカ / アーセナル

今シーズンのプレミアリーグ前半戦のサプライズ選手はなんといってもアーセナル所属のサカだろう。

昨シーズンは1試合しか出場がなく、今シーズンもカップ戦要員という予想だったが、コラシナツとティアニーの負傷により、本来のポジションじゃない左SBに抜擢されると、持ち味のスピードと卓越したテクニックでアーセナルの最強攻撃陣のサポートを果たし、以降スタメンに名を連ね、18歳という若さながらイングランドフル代表にも現実味が帯びている選手。

アーセナルの未来を担う若手の逸材6選手!