【若手育成の宝庫】19/20ノリッジ・シティ注目若手5選手!

スポンサーリンク
ノリッジ

19/20シーズンの28節を終えた現在、ノリッジ・シティは最下位に位置していますが、5節のマンチェスター・C戦(3対2○)、27節のレスター・C戦(1対0○)、また負けこそはしたものの25節のリバプール戦(0対1●)も最後まで息をのむ展開を披露するなど、上位陣に最下位らしくない戦いを披露して盛り上げています。

 

その盛り上げの要因の1つは、若手選手の台頭でファルケ監督の下、積極的に起用されブレイクしている選手が多数います。

 

そこで今回は、ノリッジ・シティの注目若手5選手を紹介します。

マックス・アーロンズ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Thank you for your support today despite the result. We will keep battling regardless👊🏽. Congrats bro @hernandezonel_23 👍🏽

MA(@maxaarons2)がシェアした投稿 –

国籍 イングランド
生年月日 2000年1月4日
ポジション DF

18歳という若さから本格的に出場し始め、18/19シーズンではチームのチャンピオンシップ(イングランド2部)優勝に貢献し、個人としてもベストイレブンと最優秀ヤングプレイヤー賞を受賞した今最も注目されているSBの選手。

 

攻撃センスは既に一級品で、右SBからオーバーラップを仕掛け、正確なクロスをあげるなど積極的に攻撃に参加し、既にチームに欠かせない存在の1人となっている。

【関連記事】

【イングランドプレミアリーグ】2000年生まれ"要注目選手"
イングランドプレミアリーグで2000年生まれの選手で将来スター選手になると期待されている注目選手12人を掲載しています。

 

 

ベン・ゴッドフリー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Focused🧐

Ben Godfrey(@bengodfreyy)がシェアした投稿 –

国籍 イングランド
生年月日 1998年1月15日
ポジション DF

闘志あふれるプレーで昨シーズンから本格的に出場機会を増やしてきたCB。

元ボランチということもあり、足元の技術にも優れており、ファルケ監督のポゼッションサッカーを最終ラインから体現する。

 

時々イージーミスもあるが、経験を積み、安定的なプレーを継続すればキャプテンの道も見えてくる。

 

 

ジャマル・ルイス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Carrow road nights like these never get boring 🤩 this is the type of spirit we need to create something special 🙏🏾

Jamal Lewis(@jamal_lewis1)がシェアした投稿 –

国籍 北アイルランド
生年月日 1998年1月25日
ポジション DF

マックス・アーロンズと共に、攻撃的なサッカーを繰り広げるSBの選手。初のプレミアリーグの舞台となるが、既に北アイルランドフル代表として経験を積んでいるので、申し分ないプレーを魅せるはず。

 

プレーの特徴としては、陸上で中距離ランナーとして鍛え上げたスピードとスタミナが武器で、攻守に積極的に顔を出す貴重な存在。

 

 

トッド・カントウェル

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

MY CLUB 🥳

Todd Cantwell 14(@toddcantwell)がシェアした投稿 –

国籍 イングランド
生年月日 1998年2月27日
ポジション MF

アカデミー出身の逸材MFで今シーズンブレイクした選手の1人。抜け出しのタイミングやポジショニングが良く、ここまで6得点と既にキャリアハイの数字を誇る。

 

またマンチェスター・C戦やチェルシー戦で得点をあげるなど上位相手にも素晴らしい成績を残し、守備にも積極的に参加するなど、既に欠かせない存在になっている。

 

 

アダム・アイダ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Incredible feeling that! Onto the next! 🙌🏽💛💚

Adam Idah(@adamidah__)がシェアした投稿 –

国籍 アイルランド
生年月日 2001年2月11日
ポジション FW

最後の注目選手はアダム・アイダ。彼はまだあまりトップチームでの出場機会は少ないが、ユースチームでコンスタントに結果を残すなど、将来が楽しみなアイルランド産の逸材。

190㎝という長身を生かしたポストワークが武器で味方にチャンスを演出し、優れた足元の技術で、ときどき周囲を驚かすようなプレーも魅力。

 

今シーズンは2試合しか出場していないが、少ないチャンスをモノにしればドルミッチとのFW2番手候補に名乗りをあげることができるだろう。