【マンU名将】ファーガソン監督1991~2013年の成績が凄すぎ。

マンチェスターユナイテッド

かつてマンチェスター・ユナイテッドFCを27年間にも渡り監督を務め、数々のタイトルを獲得してきたサー・アレックス・ファーガソン監督。

 

間違いなくレッドデビルズの黄金期を支えた名将でクラブもその功績を称え、マンチェスター・ユナイテッドのホームスタジアム、オールド・トラフォードにはSIR ALEX FERGUSON STANDという文字も記載されています。

 

そんなファーガソン監督の実力を裏付けるデータが物凄いことになっています。

それとは1991/1992シーズンから監督を辞任する2012/2013シーズンまでのイングランドプレミアリーグの成績が凄まじいことになっているということです。

そこで今回はファーガソン監督の1991/1992シーズンから2012/2013シーズンまでの成績を紹介します。

シーズン順位(勝点)優勝クラブ(勝点)
1991/19922位(78)リーズ(82)
1992/1993優勝(84)
1993/1994優勝(92)
1994/19952位(88)ブラックバーン(89)
1995/1996優勝(82)
1996/1997優勝(75)
1997/19982位(77)アーセナル(78)
1998/1999優勝(79)
1999/2000優勝(91)
2000/2001優勝(80)
2001/20023位(77)アーセナル(87)
2002/2003優勝(83)
2003/20043位(75)アーセナル(90)
2004/20053位(77)チェルシー(95)
2005/20062位(83)チェルシー(91)
2006/2007優勝(89)
2007/2008優勝(87)
2008/2009優勝(90)
2009/20102位(85)チェルシー(86)
2010/2011優勝(80)
2011/20122位(89)マンチェスター・シティ(89) ※得失点差により優勝
2012/2013優勝(89)

 

この表でも分かるように、競争率が激しいイングランドプレミアリーグで22年間毎年3位以内に入るという驚異的な成績を残しています。そして監督を辞任したあとの13/14シーズンのモイーズ体制で7位になり、そこから低迷期に入ったことから改めてファーガソン監督の偉大さが分かります。

 

今回は、ファーガソン監督の1991/1992シーズンから2012/2013シーズンまでの成績を紹介しました。

またその他にもプレミアリーグに関する情報を掲載しているので是非ご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました