【全員当てられるか?】プレミアリーグでプレー経験ある日本人選手9人!

スポンサーリンク
日本人選手

欧州4大リーグの1つに位置し、毎年白熱な戦いをみせ、かなり人気が高いイングランドプレミアリーグですが、日本でもかなり人気度が高くファンも多いです。

 

人気の理由は色々ありますが、その中の1つとして日本人選手の活躍があります。そこで今回は、プレミアリーグでプレーしたことがある日本人選手9人を紹介します。

南野拓実 / リバプール(2019-)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

25歳になりました。

南野拓実 takumi minamino(@takumi18minamino_official)がシェアした投稿 –

前所属のザルツブルクでリバプール相手に物怖じしない素晴らしいパフォーマンスが認められ、サプライズ加入した南野拓実選手。

前目なポジションならどこでもこなし、クロップ監督好みのハードワーカーです。

 

 

武藤嘉紀 / ニューカッスル・ユナイテッド(2018-)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

I was really happy to get a goal and great win yesterday! Nice way to end our trip in China🇨🇳 #plasiatrophy @iamserenataylor

武藤嘉紀/Yoshinori Muto(@yoshinori_muto_09)がシェアした投稿 –

2018年にマインツ(ドイツ)から移籍し、マンチェスター・ユナイテッド戦で初ゴールを決めるなどインパクトを残している武藤選手。

出番はそこそこ多くないものの、スピードと当たり負けしないフィジカルはイングランドでも通用しています。

 

 

宮市亮 / アーセナル(2011-2015)

高校卒業後、Jリーグのクラブを通さず、いきなりイングランドの超名門アーセナルに移籍し、話題を呼びました。

しかし出場できるはずもなく、初年度からローンに出され、2012年にボルトン、2013年にはウィガンでプレーし着実に出場を重ねましたが、その2チーム共々プレミア降格を味わうなど苦い経験をしています。

 

結局2015年までアーセナルに所属していましたが、アーセナルの選手としてはリーグ戦出場1試合のみで終わっています。

 

 

岡崎慎司 / レスター・シティ(2015-2019)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Forever in my heart 💙one goal for you boss 💪I miss you boss 💙 #theboss

SHINJI OKAZAKI(official)(@shinjiokazaki_official)がシェアした投稿 –

2015年にマインツ(ドイツ)から当時クラブレコードとなる移籍金約7億円で加入すると、持ち味のフィジカルやハードワークなど泥臭いプレーでチームに貢献し、移籍初年度の2016年に歴史的偉業となるプレミアリーグ優勝を達成し番狂わせを起こしました。

【関連記事】

【動画有】史上最大のリーグ優勝のレスター。過去の屈辱とは!?
15/16シーズンにイングランドプレミアリーグを制し、イングランド史上最高の番狂わせを起こしたレスター・シティですが、過去に同じくらい凄いことをやられていました!それとは…

 

 

吉田麻也 / サウサンプトン(2012-)

2012年にVVVフェンロ―(オランダ)から移籍しサウサンプトンに加入した吉田麻也選手。

移籍当初は凡ミスも多く、不安定なプレーが多かったのですが、年を重ねるごとにより成熟度が増し、最終ラインを統率するDFリーダーになるほど年々完成度を高め、多くの出番を貰い活躍しました。

【関連記事】

【セインツ狩り】リバプールが今まで獲得したサウサンプトン所属8選手
リバプールがこれまでに獲得してきたサウサンプトン所属の8選手を掲載しています。

 

 

香川真司 / マンチェスター・ユナイテッド(2012-2014)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Thanks everyone!! I could have a precious experience. I really appreciate it to all my supporters. Thank you Manchester United!!Good luck!!

Shinji Kagawa 香川真司(@sk23.10)がシェアした投稿 –

ボルシア・ドルトムント(ドイツ)での功績が認められ、イングランド王者のマンチェスター・ユナイテッドに移籍した香川真司選手。

 

補強失敗など色々言われていますが、プレミアリーグ優勝も経験し、またノリッジ・シティ戦ではハットトリックも挙げているなど決して悪くない成績をあげています。

 

 

稲本潤一 / フラム・WBA(2002-2006)

実は稲本選手もプレミアリーグでプレーしたことがあり、4年間で66試合出場し計4得点をあげています。アーセナルにもローンで在籍していましたが出場はしていません。

 

 

戸田和幸 / トッテナム(2002-2003)

今やDAZNの解説でおなじみの戸田和幸さんもかつてはレンタル移籍したトッテナムで4試合出場しています。

 

 

中田英寿 / ボルトン(2005-2006)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@nicolasghesquiere @gqspain #LouisVuitton #FallWinter2020/2021 #NicolasGhesquière #Paris #HidetoshiNakata #中田英寿 #パリ #ルイヴィトン

Hidetoshi Nakata(@hidetoshi_nakata_)がシェアした投稿 –

イタリアでのプレーが強くあまり知らなかった方も多いと思いますが、中田英寿選手もボルトンに在籍しプレミアリーグで21試合出場しています。(Wikipedia参照)

 

以上で今回は、プレミアリーグでプレーをしたことがある日本人選手9人を紹介しました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。