【データで見る】19/20プレミアリーグ海外サッカー注目選手!

スポンサーリンク
注目選手

数字というものは、なにかを測るうえで非常に参考になる指標です。例えば得点王やアシスト王は数字で争っています。

 

そこで今回は、18/19シーズンのデータを参考にした19/20シーズンも活躍すると期待されているイングランドプレミアリーグの注目選手9人を紹介します。

モハメド・サラー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🔴🔴

Mohamed Salah(@mosalah)がシェアした投稿 –

リバプール所属 / エジプト代表

爆発的なスピードと強靭なフィジカルが武器のモハメド・サラーは、18/19シーズン22ゴールを挙げ、2年連続の得点王になっています。

今年はアラン・シアラーとアンリに並ぶ3年連続得点王を取れるか注目したいところです。

 

 

サディオ・マネ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

💪💪

Sadio Mane(@sadiomaneofficiel)がシェアした投稿 –

リバプール所属 / セネガル代表

サラーと同じく22得点で得点王になったマネは、セネガル代表としてもアフリカネーションズカップで準優勝にエースとして大きく貢献し、サラーを抑えて2019年のアフリカ年間最優秀選手賞を受賞しました。

今最も脂がのっているだけに今年も活躍を期待したいです。

【関連記事】:【データで見る】プレミアリーグの注目選手!【FW編】

 

 

ジョルジーニョ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

+3 💪🏻💙 #comeonchelsea #premierleague #J5 @chelseafc

Jorginho Frello(@jorginhofrello)がシェアした投稿 –

チェルシー所属 / イタリア代表

パスで一気にチャンスの局面を演出することができるこの選手は、18/19シーズン3119本のパス本数をまわし、色々なDFがランクインする中、MFのジョルジーニョがヨーロッパ5大リーグNo.1のパス数を記録しました。

 

またパス成功率も89.2%と驚異的な成功率を誇っています。

チェルシーの上位進出のカギとなっているこのキーマンに19/20シーズン注目して頂きたいです。

 

 

ジェームズ・マディソン 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Wooooo⚡️🔥 Semi-finals we coming. Always a pleasure to stick one in the back of the net. #LCFC #JM10

James Maddison(@madders)がシェアした投稿 –

レスター・シティ所属 / イングランド代表

18/19シーズンブレイクした男の1人で、仕掛けやチャンスクリエイティブが武器で、特にキーパスに関しては1試合あたり2.8本供給しており、ヨーロッパ5大リーグで3番目の数字を誇っています。

19/20シーズンも相棒ヴァーディーの強力なサポートをできるか注目したいところです。

【関連記事】:【データで見る】イングランドプレミアリーグ注目選手!【パス編】

 

 

ソフィアン・ブファル

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Massive win yesterday a front of our fans ⚪️🔴 Now focus on the next game ⏳💪🏽 @southamptonfc #SB19

Sofiane Boufal 19(@sofianeboufal_19)がシェアした投稿 –

サウサンプトン所属 / モロッコ代表

18/19シーズンは、レンタル先のセルタで継続的に出番を与えられ、ドリブラーとしての才能を開花し、ドリブル成功率は58.3%という数字を記録し、この数字はFCバルセロナ所属のリオネル・メッシより高い数字でヨーロッパ5大リーグで見ても堂々の3位を誇っています。

19/20シーズン復帰したサウサンプトンで、開花した才能を本物であることを証明したいところ。

【関連記事】:【データで見る】イングランドプレミアリーグ注目選手!【ドリブル編】

 

 

ハリー・マグワイア

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#MondayMotivation ⚽️❤️

Harry Maguire(@harrymaguire93)がシェアした投稿 –

マンチェスター・ユナイテッド所属 / イングランド代表

18/19シーズンはレスターに所属しており、8,700万ユーロでマンチェスター・ユナイテッドに移籍したマグワイアは、高い空中戦勝率を誇り、その成功率は78.1%を誇ります。

 

もちろんこの数字はヨーロッパ5大リーグNo.1の数字でマンチェスター・ユナイテッドでもその強さを維持できるか注目したいところ。

 

 

フィルジル・ファン・ダイク

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Countdown is on.. 😎

Virgil van Dijk(@virgilvandijk)がシェアした投稿 –

リバプール所属 / オランダ代表

18/19シーズンの彼をデータで表さなくても、誰もが認めているので必要はないと思いますが、デュエル勝率が76.3%でヨーロッパ5大リーグで1位になっています。

バロンドールは逃しましたが、DFとして初めてUEFA最優秀選手賞を受賞しました。

 

19/20シーズンもこのままを維持できればカンナヴァーロ以来のDFのバロンドールに現実味が帯びてきます。

【関連記事】:【データで見る】イングランドプレミアリーグ注目選手!【守備編】

 

 

アーロン・ワン=ビサカ 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Pre-season done. See you at Old Trafford next week…🔴🕸 #AWB #MUFC

Aaron Wan-Bissaka(@a_bissaka)がシェアした投稿 –

マンチェスター・ユナイテッド所属 / イングランド代表

18/19シーズンの彼はクリスタル・パレスでプレーし、対人戦にめっぽう強くスライディングで相手からボールを刈り取ることが得意です。

 

そんな彼は18/19シーズンのタックル成功率が69.8%でヨーロッパ5大リーグでNo.1の数字を誇り、19/20シーズンから所属するマンチェスター・ユナイテッドでもその才能を発揮できるのか要注目です。

 

 

ウィルフレッド・ディディ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Amazing performance from the team and 3 points in the bag to take to the international break. We keep the momentum going foxes 💙

W I L F R E D N D I D I(@ndidi25)がシェアした投稿 –

レスター・シティ所属 / ナイジェリア代表

ディディもマディソンと同様に18/19シーズンにレスターでブレイクした選手の1人です。

プレーは熱く頭は冷静な彼のプレーは、かつてレスターで旋風を巻き起こした時代のカンテ(現チェルシー)を思い出します。

 

そんな彼も素晴らしい数字を残しており、まずタックル成功率が69.7%とワン=ビサカに続く2位でインターセプト数も83本しており、ヨーロッパ5大リーグで6番目です。

また年齢も23歳と若くこれからが楽しみな選手です。

【関連記事】:【データで見る】イングランドプレミアリーグ注目選手!【タックル・インターセプト編】